スンウォンさんインタビュー記事 - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » スンウォンさんインタビュー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スンウォンさんインタビュー記事


スンさん、一体いくつインタビュー受けてるんだろう・・・(汗)


0708-1
0708-2
0708-3


チャ・スンウォン "トッコジン? 自分以外の人間には出来ないですよ。 ハハ"[インタビュー①]



"光栄であると知っている" "私が独孤陣だ" 高慢な言いぐさだが全然憎くない, いけずうずうしい愛嬌と表情たちがあまりにも可愛らしかった独孤陣はなかった. ドラマの中とけていた姿はさっさとはたいてしまってたちところに俳優チャ・スンウォン(41)に帰って来た.
MBC '最高の愛' の中、独孤陣を通じて女性たちのロマンを刺激する魔性の魅力を噴き出して, がっちりしている演技力を認められて大韓民国トップクラス演技者で席を固めたのに肩に力が入って行く法もしかししばらくや幼い記者に先にこくりとあいさつを伝えて終始一貫ジェントルしたマナーで対するチャ・スンウォンだ.
きちきちだったドラマ撮影スケジュールで目立つように体重が減ったチャ・スンウォンは終映後にも零れ落ちる広告撮影とインタビューなどで休む間がなかった. '充電'はなっているのかと言う質問に彼は "まだ私は~舌"と頭を横に振る. しかし彼さえ幸せなように口元にほほ笑みをして見せる.
"続く広告撮影にインタビュー, 地方日程までまだ全然充電になっていないです. '最高の愛'が終りが出たということが実感は出るが一人で整理する時間がなかったです. 時間がもうちょっと負けるようだと何かをしたなと言う気がするようです"
多様な個性のキャラクター, 予想以外の設定で笑いを催すコミック場面たち. '最高の愛'は初放送直後 "ロマンチックコメディーの定石"という絶賛を受けて大当りドラマ誕生を予告した. しかし熱かった反応に比べて視聴率は平均 16%, 思ったより低い記録を見せて多くの人々を怪しげにさせた.
"初めには視聴率が思ったよりあまり出ないhて, 周りの反応を見た時体感視聴率は 40%以上だったがですね. ハハ. それでもシナリオが本当に面白くて良かったからすぐ打って上がるはずだということは分かっていました. 視聴率がたくさん出たら良かったろうする気がするが最後の回から 20% 自体最高視聴率を記録したから満足します"
チャ・スンウォンは '最高の愛' 独孤陣を通じて 30~40代女性ファンはもちろん小学生たちの心まで捕らえてもっと幅広くなったファン層を誇るスターに背伸びした.
"そうなのですね. もう小学生まで好んでくれたら院. ハハ. ピンポーン(ヤングハンヨル)があったから可能だったようです. 本当にハンヨルイはとても可愛い友達です. つながる撮影に他の俳優たちは皆すっかり疲れてしまっているのにハンヨルイは 50部までしたら良いと. 本当に純粋なのですよ"
ワングサがだトップスターだが愛には命までかける純粋な男独孤陣. 彼は既存ドラマで見られなかった唯一無二したキャラクターだった. ここに何人の男演技者たちは独孤陣のキャラクターがほしかったと慇懃こっそり欲心を仄めかしたりした.
"周辺で羨ましがる人々はほとんどいなかったようです. 有害陣と荒政民がどんなにキャラクターをそれほど取ったかと問って見る位だったです. よく見られない役目だったしそれでそのキャラクターが面白くて良かったみたいです"
結局独孤陣キャラクターを完成させてもっと魅力的に作ったことはチャ・スンウォンだったないかと言う質問に "弟, 勿論です. 当たり前です. 他の人だったらと思ったと"と言いながらずるいふざけた言い方を落とすチャ・スンウォンだ.


チャスンウォン"特A級に住んでいたがドクゴジン忘れてならないですね"(インタビュー)

"特A級スターの生活はどうですか?" 過去二ヶ月間の俳優チャスンウォンは、完全な国民俳優独孤陣で視聴者をウトギミョたまに鳴らして胸のときめきをくれたし、ファンタジーを残した。 ドラマがクトナトジだけまだ彼を"ドクゴジン"として記憶している多くの人にチャスンウォンは"もうやめて独孤陣を置いてくれなければならない時"と話した。独孤陣で生き、彼はドラマの中で特A級待遇を受け、実際にも特A級の人気を得た。もう少しの幸せを享受してもドゥェルボプハンデ彼はさらに、以上の安住しないという表情だ。

実際には特A級俳優を演技したが、独孤陣として、2月は思ったよりもやさしくないいなかった。MBC"最高の愛"の大部分演技者、スタッフたちは"こんなに大変なドラマ初めてだよ"と口を集めただけに、とても多くの撮影分量の殺人的なスケジュールで、特に主演俳優たちの苦労は並大抵なことではなかった。 チャスンウォンは"ロマンチックドラマの特性上、撮らなければならないとなることがはるかに多かった。

一週間に平均3時間くらいしか寝ていないようだが、それでも、どうせすることをサイ..また大変なだけの補償を全部受けたためにも耐えることができた"と話した。 チャスンウォンはドラマ放映終了後2週二ヶ月にはなったようだとした。"終わって一週間された時から、すでに古い話だったよ。それほど苦労をたくさんしたが笑わせた。ドラマを終えるとすぐ広告のインタビューに精神がないこともあったが、それでも気持ちのいい忙しさだから、代わりにバプドゥェ忙しくなり逃すことが生じるわけではやめようと思っていた" チャスンウォンは、独孤陣になった後、自らも変わった部分があるかと聞くと、"俳優としては12年になったが、私は変わったというよりも"最高の愛"以来の人々の私を見る視線が変わったのだ。

一例として、大学路でグエジョン(コンヒョジン)と路上デートをするシーンがあったが、途方もない人々が集まった。私の名前ではなく、独孤陣を連呼するのを見てドラマが本当に多く愛されてあるん考えた。そのような愛を受けたドラマでのキャラクターだ見ると、今後私は何を見ることができますできるのか期待感が増幅されるようだ。" 引き続き特A級の俳優として生きれば一番良い点は何でしょう?と質問するとチャスンウォンは、"自分の声がたくさん反映されること、自分の主張を躊躇せずに発言する権利が生じるということではないか?"と答えた。 彼は"独善的という意味とは少し違うようだ。ある程度大衆の愛を受けて認定を受ける者の言葉は認めてくれなければならないと考える。その人がなぜそのような愛を受けるかは明らかで理由があるでしょうし何の努力なしに愛を受けるのではないでしょうか。どのような演技の主張を展開するときに自信を持って話をすることができるということは俳優としてあまりにも素敵な瞬間だ"とした。 実際のチャスンウォンもこれと似ている面ている。

彼は絶対台本と同じように演技していない。色々な状況を想像して代入してみて書いて見て自分の意見をたくさん表明するほうだ。これは、自分自身について、また、演技に対する自信がなければできないジャセイルはず。しかし、彼は特A級俳優といっても自分なら、いわゆる画像の管理のために自分をソクイジンはないとした。 "芸能人で俳優だからではなく、誰でも公的な席では当然、言動を注意深くするべきだと思う程度にはならないようだ。そのような次元での管理のイメージを管理するというならばナラソ特別なものではなく、誰でも同じなのではないか。" チャスンウォンに独孤陣は多くのことを抱かれてくれたが、逆に障害になることもある。チャスンウォンは、自分が他のキ ​​ャラクターを演技した時も、独孤陣が浮かび上がるのを極度に警戒した。実際に多くの愛を受けたキャラクターであればあるほど、そのキャラクターの外に出るのは難しいことを彼はすでによく認知していた。 これにチャスンウォンは、"独孤陣とは、キャラクターへの反応は、楽しさが、逆に私には十字のような足かせになることもある。独孤陣が嫌いだからではなく、とても好きなので私は今すぐに忘れられている練習をしている"と話した。特A級スターの席よりも特A級俳優になりたい、彼の欲がうかがえた。



"妻の力!" チャスンウォン妻の内助の相変わらずの人気を独り占め!


"内助の力!"俳優チャスンウォン(41)が妻の内助のおかげで人気集めに力を加えている。

チャスンウォンの妻イスジンさんはMBCドラマ"最高の愛"、放映前から放映終了後も活発なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の活動を通じて、夫の強固な支援軍の役割を果たしている。李さんは、自分のツイッターで、個人的な話を交わしたりもしますが。チャスンウォンの近況が気になるファンとの疎通にも正確に一役買っている。特に、二人の子供の母親であり、一人の男の妻で女性ファンたちと共感を形成している。李さんのフォロワーする人々が"チャスンウォンシ本当に素敵です。""幸せな家族ですね"と言いながらうらやましい視線を送れば李さんはいちいち感謝の挨拶をして心を伝えた。

一方、'2011 Mnet 20 's チョイス "の授賞式が開かれた7日には、事前にチャスンウォンが準備中ということを伝え、参加するかどうかを素早く知らせるかというとチャスンウォンが、"ホットドラマスター"、"ホットシックスパックターミネータ"などを受賞し2冠王に上がった後、お祝いの挨拶が続き、"西側の受賞を祝ってくださってとても感謝しています"というセンスの挨拶を送ることもした。


ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/81-099eff45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。