チャ・スンウォン“二番目話をしたところ娘バカと..家族の話負担になって - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » チャ・スンウォン“二番目話をしたところ娘バカと..家族の話負担になって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャ・スンウォン“二番目話をしたところ娘バカと..家族の話負担になって



うーん・・・人気があまりにも凄いから・・・。日本やハリウッドで、家族の写真はまず出さないし。韓国は、おおらかだなーと思っていましたが。家族がそれでいじめられる事もあるから、もう写真等も出さないほうがいいと思います。

ゲル0705

チャ・スンウォン“二番目話をしたところ娘バカと..家族の話負担になって”


俳優チャ・スンウォンが自身の有名税のために家族に被害を与えるようだとし申し訳ない心を伝えた。

7月5日放送されたMBC FM4U 'FM音楽都市ソン・シギョンです'では最高の話題作MBC '最高の愛'のヒロイン チャ・スンウォンが出演した。

ドラマの中で国民俳優トッコ陣を演技したチャ・スンウォンにソン・シギョンは"トッコ陣としての人生を理解できる程芸能人として愛したし有名な人で生きるということを直接してみなかったのか"と尋ねた。



これに対してチャ・スンウォンは"二種類は別個と考える。 習って芸能人で多くの注目をあびる人だとして日常生活が萎縮すると考えることはなかった。 だが、家族はちょっと萎縮するようだ"と話した。

引き続き"この前放送を通じて小学校3学年の二番目話をしたのに世の中に自分の娘愛しない人もいるか? 私だけ愛しているように娘バカでとてもイシューになって負担になった"と答えた。

チャ・スンウォンは"よく分からない人に盲目的な愛を与えるということは大変だったものだが私はそのような愛を受けているとあまりにも感謝する。 だが、この職業を通じて家族には好むと好まざると被害を与えていると考える。 ある瞬間から家族の話するようにならなかったよ"とした。

特にチャ・スンウォンは"私に集中するのではない家族らにあらゆる視線が傾いたよ。 どれくらい不便で良くないのか? それで申し訳なくてこの生活自体が骨を折っている点がある"と苦衷を吐露した。

0705-3.jpg


"ソンシギョンの音楽都市"チャスンウォン"デビュー​​初オーディションたくさん落ちた"と告白

俳優チャスンウォンがラジオに出演し、デビュー当初の体験したエピソードを公開した。7月5日放送されたMBC FM 4U"ソンシギョンの音楽都市-音楽都市迎賓館"にゲストで出演した俳優チャスンウォンこの率直な魅力でリスナーの心を捕らえた。チャスンウォンは、"モデルとしての私の初舞台は、毛皮のショーであった。その9万8千ウォンを受けた"と告白した。続いて、"しかし、その後オーディションにたくさん落ちたが、その当時、私のような外見がトレンドではなかった"とびっくり発言をして人目を引いた。とともにドラマ"最高の愛"への言及を通じて"ユンピルする仮想人物だ。そのように女性を待ってくれる男はいない"と劇中キャラクターに対する本人の考えを伝えた。先立ってチャスンウォンはドラマに一緒に出演したチェファジョンのラジオ番組にも出演し、多くの聴取率を記録しており、人気を実感させた。一方この日放送でチャスンウォンは完璧さを追求する姿を見せてリスナーたちの熱い関心を受けた。


ソン・ソギョン“‘最高の愛’ユン・ゲサン役するところ“

歌手ソン・シギョンが話題のドラマMBC '最高の愛'(チェサ)で劇中ユン・ゲサン役を提案を受けていたとびっくり告白した。

7月5日放送されたMBC FM4U 'FM音楽都市ソン・シギョンです'では'チェサ'のヒロイン トッコジンチャ・スンウォンが出演した。

この日DJソン・シギョンはチャ・スンウォンとキャラクターに対して話している間"ユン・ゲサンの役割が私に入ってきた。 危うくパク・ウォンスン先生の息子に出てくるところだった"と話した。



引き続き"広告提案がいくつかも入ってくるといってもそれをする人が金を儲けることだ。 多分ユン・ゲサンを置いて色々な人に刺して私に会ったようだ"と付け加えた。

これに対してチャ・スンウォンはソン・シギョンにユン・ゲサンが引き受けた潤筆主(州,株)駅をしなくなるのを上手にしたといった。 彼は"ユンピルチュ、ユン・ゲサンは違う。 ユン・ゲサンも非常に大変だといった。 潤筆主は本当に退屈な人らしいが女性の方はかなり好むようだ"としながら"かえって本当に非現実的な男はピルチュと考える"と話した。

引き続き"同じ人がさらに安定的で心の慰められると考えるかも知れないが暮らしてみたかと訊ねたい。 反面トッコ・ジンウンはるかに劇的な愛してかえってさらに1人の女性のためにオールインすることができるスタイルだ"と説明した。

一方この日チャ・スンウォンは'最高の愛'に出演したことに対して"前作'アテナ'よりも大変だった。 睡眠をほとんど寝られなくてとったドラマなのに結果が良いから気分が良い。 また、胸が、じーんとした瞬間が多かったドラマであった"と評した。

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/74-1da3a798

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。