チャスンウォン"私は、トッコジンのような特別な人じゃない" - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » チャスンウォン"私は、トッコジンのような特別な人じゃない"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャスンウォン"私は、トッコジンのような特別な人じゃない"

ソウル新聞インタビューです。



ソウル新聞





チャスンウォン"私は、トッコジンのような特別な人じゃない"

ドクゴジンシンドロームの主役チャスンウォン"充電インタビュー"

これまでこのように女心を強く振って、妻帯者の俳優があったのか。この間終映したドラマ "最高の愛"でドクゴジン(劇中の配役の名前)症候群を起こしたチャスンウォン(41)の話だ。顔だけ見ても"充電~"のセリフが自然に思い浮かぶ彼を29日、ソウル清潭洞のカフェで会った。



●"余りにも多くの愛は束縛であり、くびき"

→充電はよくできているか。


- ドラマを終えたか非常に古いようですが、1週間しかならなかった。家族と一緒に充電している(笑)。


→ドラマの題目のようにデビュー以来、"最高の愛"を受けている。

- 苦労してした演技だったが、非常に多くの愛を受けて本当に良い。しかし、足かせであくびきであるともと思う。早く脱いでしまおうと努力する。

→ドクゴジンキャラクターがなぜこのように旋風的な人気を呼んだと思いますか。

- 最初は笑いながら、小粋な、アンバランスなキャラクターをしたかった。一種の冒険だった。その二つが別に遊ばないで一つに一団となった場合、波及力があると思ったが、期待以上だった。

→特有の"重さ"が抜けて良かったという好評も多い。

-これまで重い仕事をたくさんして、本意と違って、フォームをたくさん取った。暗い作品は、表情を豊かに持っていくことはできませんが、ロマンチックコメディは、感情の起伏が激しいためになることがあれば表情を豊かに取るとした。キャラクターに合った言葉遣いでもすぐに作ろうと努力した。

→"チントン""充電""克服"のような面白いセリフは、そのような努力の産物なのか。

-率直に初めには心配が多かった。日常でよく使うセリフではないか。風変りな独孤なら書くこともあるだろうと思ってコミカルに表現したが、反応が良かった。

●"私は、独孤陣のような特別な人ではない"

→独孤陣と実際のチャスンウォンを比較​​するなら。

-私は、独孤られたような特別な人だと思ったことがない。そのようにぽっかりとあいた家に住んでもいやだ(劇中の独孤真の家はギムジョンヨウン美術館である)。ハハ。

→妻など家族らの反応は。

-これと言った反応なかったのに(笑い). 家では日話をほとんどしない。 撮影中には最初から家に入れなかった日が多かった。

→ 専売特許だったコメディジャンルで重い仕事に行ってから再びロマンチックコメディに戻ってきた。次回作の選択がゴミンドゥェルようだ。

-昔から時代劇をやってみたいと思った。本格的なドラマでもファンタジーも負けジャンルは関係ない。ただし、あまりにも人物が一つに孤立するキャラクターは避けたい。

●“信頼破らない俳優なろうと努力”

→いつのまにか四十を越えた。

-年を取るほど人生の経験と知恵が演技ににじみ出ればと思ったが、心配だ。 何より信頼を破らない俳優になろうとする。 没入にならない俳優は嫌いだ。 私たちも米国ハリウッドのように俳優らを眺める視覚が大いに変わったようだ。

→最後に、この地のおじさんたちのために体型維持の秘訣を少しだけ教えてくれ。

-人々は重力の法則にしたがって年をとると筋肉が弛むものだ。運動を着実にする必要があります。あまり食べて運動していること以外どんな秘訣が別々だろうか。時間を投資することなく、何かを得ようとするのは泥棒の心がけだ。ハハ。


ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/59-f171b3db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。