中央日報インタビュー - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » 中央日報インタビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央日報インタビュー

中央日報のインタビューです。太字がスンさん。



中央日報1



アクセサリー一つもそのまましたことない…完ぺき男トッコジン、実際私よりすばらしくて


"最高の愛'終わらせたチャスンウォン

"最高の愛"最後の場面で、独孤陣は、カメラに向かって、"こんなドラマに会ったことを光栄に知っている~"と言って視聴者を驚かせた。 "明らかな仕上がりが嫌でその場での製造は、"チャスンウォンのアドリブだった。ドクゴジンキャラクターはチャスンウォンとホン姉妹作家の徹底した協調を成し遂げた結果だ。 [キムテソン記者]
独孤陣を忘れられずにいるあなたの内部になった言葉だが、チャスンウォン(41)は、すでに独孤陣を"グクポク"("克服"の独孤ジンシク発音)している。彼の考えはこうだ。 "私はしていたように、熱心に演技をしたが、少し熱い反応。よいのですがオスプギもある。これが絆になることもあるので、非常に賢明に抜け出さなければならないようだ。"

先週放映終了したドラマ"最高の愛"でトップスター独孤陣を演じた、実際のトップスター、チャスンウォン。 29日、ソウル清潭洞のカフェで会った時、"頭からつま先まで完璧な男"を滑稽に叫んでいた独孤陣はどこに行って、真剣に、時にはツンミョンスロプギカジした様子だった。 "最近シックスパック(腹筋)のスター投票で、2PMオクテクヨンウル抜いて1ウィドラ"と伝えよう反応が"何をそんなことを抜きしかし"だった。

- 反応が熱かった。 'ヒョンビン病'を取り替える姿だ。

"セロプギンしても非常に新しいものではないが、デバイスが良い人物なので愛を受けたようだ。単なるコメディではなく、女性が好きなロマンチックな部分があるので、熱狂するのだろう。今回のドラマは、緻密しなければならなかった。気難しくサルガプジていないキャラクターのトーンをつかむために、ホン姉妹(ホンジョンは、ミラン)作家と相談をたくさんした。序盤に指輪アクセサリーをたくさんしたのも心理的な欠乏を交換しようとする欲求を表現したものだった。そうするうちにますますおしゃれが減る。クエジョンという社会の中で捨てられた子供を抱いて行く過程で、面白いにも素敵なキャラクターを作るだろうと思った。"

- コミック演技があまりにも自然に、実際の性格なのか判断がつかない。

"悲劇より喜劇が大変だ。徹底した計算の下にする必要があります。滑稽な状況だが、主人公が悲惨で差し迫っている。本物のようにして正極に行ったとき、観客が自然に受け入れることができる。最も重要なことは、心を込めることだ。相手役のコンヒョジンさんと演技トーンが全然違う、むしろもっとよく合致するようだ。"

"最高の愛"の直前、彼はドラマ"アテナ"、映画"砲火の中へ""雲を抜け出した月のように"などで貴重なキャラクターを引き受けた。彼の表現のとおりならば、"していたように、熱心にしたが、"国民は、独孤陣に最も熱狂的だ。何度も"このような状況はおこがましい"とした。 1988年トプモデルロソ彗星のようにデビューして以来、演技者生活20年。大衆のジェットコースターのような反応に慣れているようだった。 "次の作品は、特に慎重に選ばなければならないようだ。しばらく観察をたくさんしながら、普通に買うつもりだ。運動(フィットネストレーニング)にも何度も"

-40代にそのようなスタイルが可能なのか。どれだけ努力すれば良いのか。

"めちゃならないようだが、毎日たった1時間集中している。効率的な場合、体だけ酷使させる。ビョルダルリニュース(少食)もしない。食べただけに運動するのが正解だ。私も毎回ウンドンガルたびにしたくない。しかし、習慣になった。各自必要な自己イメージがイトジャンはは。俳優として、熾烈に住んでいるような姿の男を外的に表現する方式です。ない血筋もないのに、なぜ私をこんなに好きだろうか。演技のためではないか。私はウンイランことを信じない。頑張っている人の前で勝つ人はいない。 "

- グエジョンのような非好感芸能人に転落すること、独孤陣ではなく、チャスンウォンも恐ろしいという意味か。

"誰もがそうではないか。俳優·芸能人に魅力度とは重要なことだ。ある瞬間、見たくなくて地面に関係なく、歌、演技を上手くやっても嫌いだから。インターネット文化が生み出したのが大きい。多くの俳優たちがドラマに共感して、"そう、私もあんなことある、したこと"のように。"

- 次の質問に"イエス(yes)"だと独孤真のように"チントン"と答えてくれ。私の記事にコメントしかネットをヒュンボンことがある?

"チントン。ところが、最近ではアンチのコメントはあまりなかったよ。これにより、反対されている記事がすごく零れ落ちるだろうから"(笑)

- 独孤陣と実際の私の中に私がもっとカッコイイ?

"よく分からない。いや、独孤陣がはるかに素晴らしい。パッケージが素敵に作られた人物だ。"


- キスシーンを撮る時はまだときめく。


"全然。ことなのに何を。"

- 今のまま20代に帰りたい。

"チントン。今よりできるものなどが多いはずだから. その時はなんのも分からなかったようだ. 20代にだけできる役目があるのに, その年同じ年齢に当たるように生活の感情を吹き出すことができる. それは惜しい.""

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/58-76dc2eea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。