チャ・スンウォン“キム・ウンスク作家と近い将来作品するようだ”(追記:パワータイム動画2) - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » チャ・スンウォン“キム・ウンスク作家と近い将来作品するようだ”(追記:パワータイム動画2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャ・スンウォン“キム・ウンスク作家と近い将来作品するようだ”(追記:パワータイム動画2)

わー!!ほんとなら嬉しいです^^なんたってシティホールコンビですから!!!




チャ・スンウォン“キム・ウンスク作家と近い将来作品するようだ”


ドラマ‘最高の愛’でアイドル劣らない人気を呼んでいるチャ・スンウォンが‘シークレット ガーデン’のキム・ウンスク作家と作品計画を予告した。 チャ・スンウォンはキム・ウンスク作家とSBS ‘シティーホール’(2009)を一緒にしたことがある。

チャ・スンウォンは29日本紙インタビュー<中央日報30日付23面参照>で“この前キム・ウンスク作家と通話した。 互いに祝うといった。 ウンスク作家が‘うまくいった人同士一線で一度会おう’でしたよ”と話した。 ウンスク作家は最近作‘シークレット ガーデン’でヒョン・ビンが演技したキム・ジュウォン症候群で全国を‘ヒョン・ビン病’で染めた。

チャ・スンウォンはキム・ウンスクとホン姉妹(ホン・ジョンウン・ミラン)作家を比較して説明することもした。
“二人の作家が追求する主人公らの指向が明確に違う。 キム・ウンスクは女たちが好む男をよく使う。 女たちが好む男、男たちがすればというものなどを12万種類程度知っているようだ。 それをとても格好良く表現する。 ホン姉妹はトッコ陣同じキャラクターをよく描く。 変だが嫌うことはできない、気難しくて憎らしい。 それでもコメディが入るから相殺される。 私の大使中に‘私は特別だ’ ‘頭からつま先まで完ぺきな’こうした話は事実口にするのが難しかったものだがコメディだから受け入れられる。 クエジョンはホン姉妹女主人公中に最も実質的でかわいそうな女なのに、そのそばで太陽の光になる人物とか憎くても愛しないわけにはいかなくなってしまう。”

トッコ陣キャラクターにはチャ・スンウォンの個人経験談も反映されている。 別名‘牛’さあひげがそれだ。 チャ・スンウォンは“子供たちは透明に私を見てくれるから、そのままぴったり報告書‘おじさんはひげが‘牛’君です’したよ。 笑わせて考えてホン姉妹に話したところそれを作品に使いたかった。 自尊心強いトッコ・ジンイがんと便(劇中旧愛情のおい(めい)ヒョンギュ)に崩れる状況に絶妙なように見えた。 作家が‘ひげ削ることに対して拒否感はないのか’で尋ねたが、今回の場合はひげを削るのがクエジョンによる心理変化で外形を変えることだと大歓迎だと答えた。”ドラマ撮影により3㎏でも体重が減ったという彼は“最近一ヶ月間運動をできないが昨日初めてした。 当分は日常に帰ってした通り生きたい”とした。 ‘最高の愛’は去る23日最終回で21.0%(AGBニールセンメディアリサーチ)の自らの最高視聴率で16部を終えた。


別バージョンのパワータイム動画が出ましたよ。





ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/57-bc79fcbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。