あなたも、トッコジンのように放棄することはできますか? - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » 最高の愛 » あなたも、トッコジンのように放棄することはできますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたも、トッコジンのように放棄することはできますか?

良い記事です。最高の愛は、トッコの成長物語ですね。だからこそ、最終話にいたる何話は、もう少し丁寧に描いて欲しかったな。

地位も名誉もお金もすべて持っていると思われている大スターは、実はとても孤独で、自分しか好きではない。

地位と名誉とお金の変わりに、本当の愛を知る事が出来なかった。

クエジョンは、地位も名誉もお金もなく、評判が悪い。でも、彼女は家族と良い友人の愛情に囲まれている。

究極の正反対の二人なわけですが、人間の幸せなんてものは、やはり心の幸せなんですよね。外にあるんじゃないと、このドラマは言っています。まあ、お決まりの展開なんですけど、何でこんなに人気が出たかというと、やはり、トッコジンのキャラとホン姉妹の物語の上手さかな。

トッコがエジョンに惹かれたのは、大スターになっても、自分の孤独は癒されず、愛情に飢えていた所に、クエジョンという母性の女性が現れたから、そりゃこだわるよね。彼女なら自分を癒してくれる。ドキドキが、彼の心臓を助けた=エジョンなら自分を救ってくれる。

でも、彼女を好きになった事で、愛されたいと願っていた男は、与えてもらおうとする幼い恋から、相手に与えるという本当の愛へ成長するんですね。それは、彼が死を意識したから、そこまで行けたんでしょう。

この記事にあるようにトッコはすべてを捨てる勇気で賭けに出て結局は幸せを掴みました。彼は、自分の良心の声に従っただけなんですね。良心の声に従うというのは、時として大変な勇気が要ります。外側に多くのものを持っているヒトほど、大変でしょう。

トッコジンが、最高にカッコいいのはそこなんだと思いました。

クエジョンという女性は、トッコが忘れていた良心の象徴なんだと思いますよ。だから最高の愛な訳で。

まあ、現実は、結婚したからハッピーではないんですが(笑)あの2人にも、山のように問題は起こるんでしょう。
でも、やはりお互いの良心を忘れなければ、乗り越えていけるということで(笑)

目新しいものがないこのドラマが、人気があるのは、やはり人が求めているものというのは、普遍的なんだと言う事なんだと思います。



628-1.jpg

628-2.jpg
628-3.jpg



あなたも、トッコジンのように放棄することはできますか?

"最高の愛" - サランエン犠牲が必要だという当たり前だが知らない真実

先週終放したMBC水木ドラマ "最高の愛 >は、そのジャンルが持つことができる"みたいに軽いことができる"限界をヨンミンに外の作品という点でよく作られたロマンチックコメディ水である。人々に馴染みのシンデレラ ストーリーが韓国の芸能界に代入させ、そのジェツソンイ娘に付着した灰の普及によってムトヒョジンという社会的設定をはじめ、愛という感情は、身体的反応(独孤陣の脈拍数)程度のように数値化することができるのかという根本的な問題までを、"ロコ"の基本的なキャラクターに自然なことに溶け込んでいるためだ。

実は分かってみれば、簡単で慣れている構造である。すべての人が憧れる最高の男性が分かってみれば気難しく終わり多くおり、小心極まりない人物であるという点や、貧困なうえに非好感女性が誰よりも優しくて思いやりのあることなので、女の価値を調べてみた男が、自分も成長して犠牲にして愛を作っていくという設定は、ロマンチックコメディの典型とも言えるからね。誰もが予想していたハッピーエンド、勇気と告白という正攻法を選んだホン姉妹 の視聴率がドラマを評価する絶対的基準はしませんが、多くの話題を呼んだ"最高の愛>は、最終回になって、初めて20%の壁を突破したという事実は、多くの部分を示唆している。実際、多くの人々が、このドラマがハッピーエンドを迎えることと予想したのだろう。

しかし、エンディングに至るまでドクゴジン(チャスンウォン)とグエジョン(コンヒョジン)を取り囲んでいる状況はやさしくないていない。独孤陣は、心臓手術をヘヤヘトゴ、求愛艇は涙の記者会見でも倍の苦しみを受けなければならなかった。愛の告白トークショーで独孤陣は、多数のCF契約が破棄されており、トッコジンとクエジョンは、"ペアで"非好感に転落してしまう。ストーリーが解決すべき問題は多く、それが解消されにくいという点がまさに"現実"だからこそそうだった。
しかし、作家陣のホン枚はググジョルジョル現実的な問題の解消に可能性を付与して文句を取り付けることでエンディングを作成せずに、その男の"勇気"と"告白"という正攻法を選んだ。本当に現実にいるのであれば、そして独孤陣に残っている大衆的な感情の割合で非感がさらに多かったとすれば"ドクゴジン動画流出経路"や"動画自作劇"の形で独孤陣の心ではなく、刺激的な周辺部がより注目されたのかわからない日です。独孤陣はこだわらない正と結婚して以来、"カボリン"カンヌ映画祭は、当分の間、モンミレガされ、CFの重量感は、スポーツドリンクで牛乳に変わった。劇初盤部"級"について云々していた独孤真ならばエンディングで、独孤陣の姿を見て、"一瞬で壊れてフクガン"だろうと言ったのだ。ささいな選択にも勇気を迫られている私たちに与える上に戻る


"最高の愛>は、当然のことながら、すべてのサランエン犠牲が必要であることを示している。しかし、その犠牲は、より価値のあるように見える理由は、今私たちの社会で(特に芸能人に)社会的評判に作成される命があまりにも柔らかく、続かれるのが難しいという事実を私たちのすべてを知っているからだ。それにもかかわらず、重要な事実は、独孤陣はそのような犠牲と決断を耐えている点だ。<最高の恋"エンディングの余韻が残る理由は、視聴者の誰もが知っているように、エンディングでのドクゴジンの姿が、その前に比べてはるかに幸せそうに見えるからだ。


すべてのことを得ることはできない。そして、"最高の国民俳優 "ドクゴジン程度しなければ何かを失っても生きていく力を得ることができると言うか知らない。しかし、多くの事を持っている人であればあるほど、自分が持っていることを失うことに対する恐怖感は大きい。我々はどのようなものが私達自身に幸福を与えることができるかどうかよく知っている が、それを選択することがある時、あまりにも大きな勇気が必要なことになってしまった。マイナーですが、仕事と愛においても、何かの権利を主張する上でもそうではないか。当たり前に、人々は何を得ることができるかどうかについて考え、より"今持っている"何かを失わないかという心配や悩みをして住んでいる。そして、選択の前で躊躇している。しかし、"最高の愛>は、犠牲と勇気が作り出したエンディングを介して上を渡してこう言う。"それでも幸せに見えないのですか?チントン?"

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

No title

いい記事ですね。
読んでてちょっと涙が出ました・

トッコジンの初めの姿と終わりの姿が違うということ、気が付きませんでした。

「クエジョンがいるから自分が生きていける」
というセリフが好きです。

一番大事にするものは何かということに確信をもっているトッコジンがうらやましく思えたセリフでした。

自分も心を落ち着けて何が大事か考えてみようと思いました。

2012-09-08 10:15 │ from みえこURL Edit

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/53-7ab26a5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。