ぼくに炎の戦争を1月30日韓国観劇レポート(追記) - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » ぼくに炎の戦車を » ぼくに炎の戦争を1月30日韓国観劇レポート(追記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくに炎の戦争を1月30日韓国観劇レポート(追記)

redcanallyさんより初日レポです。ありがとうございます!!^^



終わりました

大成功でした!三階席からも沢山の拍手が…とても小さくしか見えなかったはずなのに、最後の草薙先生の挨拶も日本語でわかりづらかったろうに、すべてが良い方向へ行って、綱渡りも往復とも成功しました。
カーテンコールは二度。スタンディングオーベーションでした。
おめでとう!!

2013-01-30 23:26 │ from redcanally





韓国の方のレポをツイッターで見ましたが、日本人俳優の評判がとてもいいですね。感動してとても泣いたと。日本でこのお芝居をやれたことに驚いたそうです。香取慎吾君が来ていたそうですね。




記事あげるの遅くなりました♪

redcanallyさん、ありがとうございます。 レポートよろしくお願いいたします!

初日です

大きくて立派な劇場です。 観客も沢山。日本語はあまりきこえません、中国語がちらほら。 韓国の方に受け入れていただけるのか…チャ・スンウォンッシ ファイティン

2013-01-30 18:53 │ from redcanally


2013130-2.jpg







"火の戦車"チャ·スンウォン、 "綱渡りして負傷...恐怖だった"
2013130-1.jpg



俳優チャ·スンウォンが演劇"私に火の戦車を"でコクヅスェ役割を引き受けたことに対する苦情を打ち明けた。 30日午前11時ソウル国立劇場ヘオルム劇場で演劇"私に火の戦車を"記者懇談会が開かれた。この日の懇談会には、俳優チャ·スンウォン、日本の俳優草なぎ剛、広末涼子、香川照之が参加した。 この日チャ·スンウォンは"最初にこの作品を選択したとき怖かったけどぶつかってみようという考えで練習をした。ので、一時不眠症もかかった。私は演劇用語もわからなかった。さらに、日本で不慣れな環境と文化に多くのストレスを受けた"と大変だった当時を回想した。 彼は"中間に"私がこれをなぜしたの"という疑問も聞いたが大阪公演を終えてからは大きな山を越えた感じがした"とし、"一緒に演技した日本の俳優たちと呼吸がよく合った。これからどんな作品でもそう粘着性がある深める人間的に混合し勝つ難しいだろう"と話した。 続いて劇中コクヅスェ役を引き受けて直接綱渡りをしなければな場面について"生まれて数えるほどの恐ろしい経験だった。日本公演3回でラインから落ちる大きな事故があった"とし、 "今回の6回のソウル公演で12回綱渡りをすべきだ"とし、ときめきと緊張感を現わした。 彼はまた、 "この芝居は何かたまりより再度、最初に逆戻り気持ちを与える演劇である。このように韓国を愛してくれて韓国俳優の情熱を高く評価してくれる俳優たちと同じ舞台に立つことができるということだけでも良いの記憶であり、良い思い出に残る作品だ"と伝えた。 "私に火の戦車を"は日本人から迫害されて、 同じ韓国人にさえのけ者のように扱われており蔑視を受けてきたナムサダンペのコクヅスェ(チャ·スンウォン)と韓国の伝統文化を愛し守ろうとしていた青年教師(草なぎ剛)を中心とした民族、政治、戦争を超えた人間ドラマだ。両国間の若者たちの友情と真の文化交流が何なのかを感動深く描き出す予定だ。30日から来月3日まで国立劇場ヘオルム劇場で公演される。

香川照之 "チャ·スンウォンはメインプラグ"

日本の俳優香川照之が、チャ·スンウォンに無限の愛情を表わした。 、30日午前11時、ソウル市中区奨忠洞ヘオルム劇場で韓日合作公演"私に火の戦車を"記者会見が行われた。 この日の席には俳優チャ·スンウォン、草なぎ剛(草なぎ剛)、香川照之、広末涼子が出席した。 演劇"私に火の戦車を"でナイトクラブ不夜城のオーナー大村きよひこ役を引き受けた日本俳優香川照之は"4ヶ月の練習期間と40回の公演を通じ、人間と人間に多くの経験と多くのことを経験した"とし、"チャ·スンウォンさんと出会ったことに対して神がでしたら感謝したい"と明らかにした。 続いて、 "演劇はチームワークが重要である。まるで電線プラグを差し込む感じです。コードがもつれてある状況で点灯するような感じが見えませんが、感覚的に感じることができる"と意味深長な発言をした。 香川照之は"チャ·スンウォンさんと一緒に立つ場面はほとんどない。どのように見れば、それぞれ別の部屋にあるプラグだ。朝にチャ·スンウォンさんの部屋にこっそり入って、メインのプラグに電源を入れて一日を始める。 そして私の部屋に入ってくるとチャ·スンウォンさんが来てプラグを差し込むことがわかる"とし、"この公演において、チャ·スンウォンさんはメインプラグであった。このような状況こそ韓国と日本が手を引くそのものだ"と言って人目を引いた。 一方、演劇"私に火の戦車を"は日帝末期、唯一の芸能団体ナムサダンペのコクヅスェイスンオ(チャ·スンウォン)と韓国の伝統文化を守ろうとしていた青年教師柳原直樹(草なぎ剛)を中心に、民族、政治、戦争を超えた両国間の若者たちの友情を描いた作品で、2008年の"焼肉ドラゴン"で日本の様々な演劇賞をさらって韓日演劇界を強打した定義神脚本と演出を引き受けた。 "私に火の戦車を"は、国立劇場ヘオルム劇場で30日から2月3日まで開かれる。




チャ·スンウォン "原点に戻り、始めたいと思った"




1月30日午前11時、ソウル市中区奨忠洞国立劇場ヘオルム劇場で韓日合作演劇<私に火の戦車を>記者懇談会が開かれた。懇談会には、チャ·スンウォン、草なぎ剛、香川照之、広末涼子が出席した。 最初の演劇舞台に挑戦したチャ·スンウォンは"昨年9月末、日本に渡って一ヶ月半練習して12月に東京で初演舞台を持った。以来40余回の公演を終えて韓国に来て一ヶ月ぶりに公演をすることになった。演劇を初めてしたが、前回売り切れ、前回起立拍手を受けた。このような経験が見慣れたりもし不思議だった。また感謝した"と所感を述べた。 続いて"俳優として原点に戻り始めたいと思って[完了]を定義新演出作品を集めた。前作<焼肉ドラゴン>を見るはなかったが、多くの人々から深い響きがある公演だという話を聞いて選択することになった"と出演に至った理由を説明した。 チャ·スンウォンは"最初は怖かったけど練習機のがあるので、ぶつかってみようと心に日本に渡っていった。しかし、演劇という不慣れな環境と文化にとても多くのストレスを受けた。かつて、不眠症もかかった"と心境を打ち明けて目を引いた。 また、 "練習序盤はラインに乗る夢を見た。生まれて指折り数えるほど恐ろしい瞬間だった。日本公演3回と、実際のラインから離れて大きな事故が出たりした"と付け加えた。 草なぎ剛は"日本、東京で公演があったから大阪公演があった。回を重ねるごとに舞台が好きになった。日本の観客たちの声援に力づけられて、より良い舞台が出てきた"と話した。 続いて"韓国の舞台に立つことを一つの人生の目標のようにしてきたので、韓国の舞台に立つことにしたことを本当に幸せに思います。観客たちに明日も頑張って生きて行こうと言う希望と夢を伝えることができたらと風を持っている"と伝えた。 演劇<私に火の戦車を>は日本人から迫害されて、同じ韓国人にさえのけ者のように扱われており蔑視を受けてきたナムサダンペコクヅスェ(チャ·スンウォン)と韓国の伝統文化を愛し守ろうとしていた青年教師(草なぎ剛)を中心とした民族、政治、戦争を超えた人間ドラマだ。両国間の若者たちの友情と真の文化交流が何なのかを感動深く描き出す予定だ。30日から来月3日まで国立劇場ヘオルム劇場で公演される。






ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

fuyumiさん

fuyumiさん☆
いつもお世話になっております。
いよいよ韓国公演初日ですね(^-^)
fuyumiさんのメッセージと皆様のレポート&コメントを楽しみ致しております。
どうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m

2013-01-30 20:00 │ from ともURL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-01-30 23:51 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-01-31 00:12 │ from URL

初日!おめでとうございます!

Fuyumiさん、こんばんは!
初日、無事に終わったんですね。
日本公演の時みたいに拍手の嵐だったんでしょうね。
劇場で味わいたかったな~。演出やセリフも変わってたりしたのかしら・・?
スンさんのアノ素敵な声、聞きたい~~。
大成功で楽日を迎えられますように。
Fuyumiさん、お忙しいと思いますが楽しみにしています。
ご飯食べて、睡眠もとってくださいね。

2013-01-31 00:25 │ from manao1999URL Edit

No title

Fuyumiさん、こんばんは^^

始まりましたね!
少し時間が空いたので、皆さんが無事にこの公演を迎える事が出来た事に、
まずホッとしました。
そして、スンさんの笑顔のサジンに胸がいっぱいになってしまいました。。。

Fuyumiさんもお忙しいと思いますが、また公演レポなど、宜しくお願いします^^

2013-01-31 01:49 │ from chieこっこURL Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-01-31 07:04 │ from URL

韓国公演

Fuyuさん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
ついに始まりましたね。
私も明日から行ってきます。
fuyuさんはいつ観劇されますか?
皆さんのレポも楽しみにしております。
fuyuさんもあまり無理されないようでもまたよろしくお願いします(^^ゞ

2013-01-31 08:41 │ from MeowURL

No title

FUYUMIさん、新しいスンさまの動画や、情報ありがたうございます!
韓国の(僕、戦)も大成功でホントに安心しました。

私は、2日と、3日の千秋楽を観てきます。

でも、生スンウォンSSIと、なかなか、会えなくなるとい言う事でもあるんですよねー
それを考えると・・・・・とても淋しいですね~。

スンウォンSSIにとって、辛い、長い、舞台の経験が、また、新しい不変の魅力となることでしょう。

また、レポさせて頂きます!



2013-02-01 02:31 │ from hirorin(ひろよ)URL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。