ぼくに炎の戦車を11月22日観劇レポ&20日レポ&メディア情報 - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » ぼくに炎の戦車を » ぼくに炎の戦車を11月22日観劇レポ&20日レポ&メディア情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくに炎の戦車を11月22日観劇レポ&20日レポ&メディア情報

あゆみさん、れおさんから22日観劇レポです。ありがとうございます!


見て来ましたぁ☆
いつも楽しく拝見させていただいています。

今日見てきました(^O^)

初生スンウォン様

前から二列目でよく見えました〜。

すごく良い話と言うか考えさせられると言うか…。思い出しただけでも涙が出そうです。

つい一ヶ月ほど前にチャスンウォンさんを好きになり、今回の舞台を見に行けた幸運に感謝です。

できるならまた見たい>_<

2012-11-23 00:59 │ from あゆみ


今日の舞台行って来ました。
席は中央7列目でした。スンさんはじめ、皆さん唾を飛ばして熱演されているのが、肉眼でわかりました。もう、中日を過ぎているのにあんなに情熱を込めて演技していらっしゃる姿に、本当に感動し、涙が止まりませんでした。
スンさんの登場では、拍手が起こり、スンさんも客席に向かって手で拍手を催促する仕草をしたりして、観客と一体になって楽しんでいるように見えました。
今日は、剛くんとのシーンで、小道具がセットの外に転がってしまい、一瞬、間があって客席から笑いが起こりました。客席からは建物の中が見えているけど、本来は壁があるはずの場所から小道具が舞台上の道に転がってしまったからです。その後、なんとスンさんが日本語で「すいません。」と言って、壁を突き抜けて道に転がってしまったはずの小道具を手で取り上げ、何事もなかった様に、本来転がるべき場所に戻したのです!それで、又客席からは爆笑が起きました。初舞台のはずなのに、さすがスンさん、コントもいけるのでは?と思ってしまいました。
綱渡りは、1回で成功しました。渡る前に顔を上に上げ天井に向かって大きく息を吐きます。その後、2度程綱に片足だけ体重をかけ、舞台袖に向かって手で合図を送り、綱が締め上げられる音がします。渡る姿は、成功を信じて見守れるほど安定しているように見えました。素晴らしかったです。
カーテンコールでは、2階席に向かって投げkissをしようとして止めるというスンさんならではのお茶目でかっこいいパフォーマンスも見れました。

2012-11-23 00:47 │ from れお


teruさんありがとうございます^^

「ぼくに炎の戦車を」 韓国公演
2013年1月30日(水)~2013年2月3日(日)会場:国立劇場 ヘオルム劇場 (海外)

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1253154&afid=901

Cさーん感謝!!^^

12月10日から「シティーホール」 12/10からBS11(集中再)再放送です^^



梅田劇場当日券情報


http://www.umegei.com/system/schedules/today_list



関西TV特番です↓

http://www.ktv.jp/event/bokusen/





今日は、綱渡りは全て成功だそうですよ^^


今日のレポよろしくお願いします!(≧∇≦)


nさんから、20日レポです!ありがとうございます^^

昨日、主人と行ってまいりました♪初めての舞台、人が演じる熱の凄さ、いろんな刺激を沢山いただいてきました。
生スンウォンさん、すらーっとしていてやっぱり素敵でした♪
素直にただただかっこよかったです(笑)

初めての舞台でしたので感想などは素人すぎてお伝えできませんが・・・

みなさん慣れない韓国語を話したり、芸を習得したり、演技以外にも沢山の練習をなさっていて、しかもあんなに長い時間のセリフをものにされていて、演技をするってすごい事なんだなと生を見て感じました。

テーマは重いものでしたが、韓国人だから、日本人だからと差別しない人間と人間との心のつながりを提起してくれている気もしました。
あのテーマを演じるって今の韓国ではすごいことなんでは?
世界を視野に人間として演じてくれている熱が伝わりました。

俳優さんとお客さんが一体になって作りあげた舞台は最後はスタンディングオーベーションで、みんなの気持ちがひとつになってましたね。
最後のあいさつで皆さん抱き合って今日の舞台の成功をたたえあってらっしゃいましたが、毎日成功した部分とかたたえ合う部分が違うんでしょうね。
舞台は生き物だっていいますもんね。
個人的にはくさなぎさんとスンウォンさんが手をぎゅーっとつないで帰って行く所がすごく可愛かったです(笑)

もちろんスンウォンさんだけではなく、私は香川照之さんにやられました(笑)
生での演技があんなにもズシンと心に響いて涙なみだでした。

とにかく、こんな素敵な機会をくださったFuyumiさんに感謝です!!!

お忙しい毎日の中での更新だとは思いますが、これからもHP楽しみにしております♪
改めてありがとうございました!


nanohaさんから、20日レポです。ありがとうございます(*^^*)



11月20日のレポ

いつも楽しく拝見しています。
この時期は1日に何度もブログをチェックしています(^-^)
私は1人で観劇しているので、このブログで皆さんのレポを見るのが
何より楽しみデス♪

さて、20日夜の部に行ってきました!
席は端ですが、前の方でした。

冒頭、男寺党が横1列になって皿回しをする時、
スンウォンssiは脇で拍手をしているのですが、
舞台袖に何度か目をやり、そちらへも拍手をしていました…。

誰かへの心配りかな?

2回目の観劇だったのですが、皆さんのレポにもあるように
演出が変わっていて、より舞台に引き込まれました~。

綱渡りシーンも、演出の変化と、渡る時の表情がよく見えたのとで、
もうドキドキハラハラびしょびしょ(T-T)
途中からは、緊張に絶えきれず、足下だけを見て祈っていました。

それから、男寺党の南星くん。
物語が学校の中で動いている時、屋根の上で顔が濡れるほど泣いていて、
それにも、とても心動かされました。

ところで。初めて行った時はプログラムだけの販売でしたが、今回は
舞台脚本が載っている「悲劇喜劇12」という本も置いてありました。

何度も何度も読み返すと思うので、もう1冊必要?!(^-^;

今日は公演お休みですよね。よいお天気の中、どのように過ごしているのかな。








ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

韓国公演 先行予約

韓国公演の特別先行予約受付があります。 詳しくは「ぼくに炎の戦車を」公式HPに…… 今回も電話抽選でセブンイレブン取扱いです。

2012-11-22 20:34 │ from teruURL Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-11-22 23:27 │ from URL

今日の舞台行って来ました。
席は中央7列目でした。スンさんはじめ、皆さん唾を飛ばして熱演されているのが、肉眼でわかりました。もう、中日を過ぎているのにあんなに情熱を込めて演技していらっしゃる姿に、本当に感動し、涙が止まりませんでした。
スンさんの登場では、拍手が起こり、スンさんも客席に向かって手で拍手を催促する仕草をしたりして、観客と一体になって楽しんでいるように見えました。
今日は、剛くんとのシーンで、小道具がセットの外に転がってしまい、一瞬、間があって客席から笑いが起こりました。客席からは建物の中が見えているけど、本来は壁があるはずの場所から小道具が舞台上の道に転がってしまったからです。その後、なんとスンさんが日本語で「すいません。」と言って、壁を突き抜けて道に転がってしまったはずの小道具を手で取り上げ、何事もなかった様に、本来転がるべき場所に戻したのです!それで、又客席からは爆笑が起きました。初舞台のはずなのに、さすがスンさん、コントもいけるのでは?と思ってしまいました。
綱渡りは、1回で成功しました。渡る前に顔を上に上げ天井に向かって大きく息を吐きます。その後、2度程綱に片足だけ体重をかけ、舞台袖に向かって手で合図を送り、綱が締め上げられる音がします。渡る姿は、成功を信じて見守れるほど安定しているように見えました。素晴らしかったです。
カーテンコールでは、2階席に向かって投げkissをしようとして止めるというスンさんならではのお茶目でかっこいいパフォーマンスも見れました。

2012-11-23 00:47 │ from れおURL

見て来ましたぁ☆

いつも楽しく拝見させていただいています。

今日見てきました(^O^)

初生スンウォン様

前から二列目でよく見えました〜。

すごく良い話と言うか考えさせられると言うか…。思い出しただけでも涙が出そうです。

つい一ヶ月ほど前にチャスンウォンさんを好きになり、今回の舞台を見に行けた幸運に感謝です。

できるならまた見たい>_<

2012-11-23 00:59 │ from あゆみURL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-11-23 01:47 │ from URL

22日

初です。中日も過ぎた平日ですが、満員でした。舞台も活気あふれて、テーマは思いですが笑いも多くたのしめました
スンウォン氏はスターらしい華があり、立ち姿に存在感があったと思います
スタイルはもちろん鼻がすっとした横顔がきれいで、いいお顔でした。甘過ぎず渋すぎずドラマで感じたワイルドさもかんじさせず。優しい、特に独特な眼差しが哀しさとやさしさにあふれていたと思いました

2012-11-23 11:58 │ from ayako3URL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。