ぼくに炎の戦車を観劇感想コメント&ぼく戦記事(追記)(追記2)11/6舞台感想・11/6観劇感想追加 - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » ぼくに炎の戦車を » ぼくに炎の戦車を観劇感想コメント&ぼく戦記事(追記)(追記2)11/6舞台感想・11/6観劇感想追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくに炎の戦車を観劇感想コメント&ぼく戦記事(追記)(追記2)11/6舞台感想・11/6観劇感想追加

えみーさんから11/6観劇レポです。ありがとうございます!!



yuriさんから昨日のレポです。ありがとうございました!


sachiyoさん、リンママさんから6日の観劇感想を頂きました^^sachiyoさんリンママさんありがとうございます^^スンウォン氏、日本語で「今日はご来場頂きましてありがとうごじゃいます」(かわいい笑)と言ったそうで、だんだん余裕が出てきてるのかなと思いました。

11/6分

はじめてコメントさせていただきます。
いつもスンウォンサンの情報をいち早く伝えていただき、ありがとうございます。

昨日、舞台を観てきましたので、簡単ですが少しご報告しますね。

初日にも観たのですがその時は二階席の後方でした。今回は一階席のほぼ中央の席で
やはりとても観やすく字幕も舞台全体も良く鑑賞できました。スンさんの汗や涙までは
よく見えませんでしたが、演者さんたちが近くに来たり、前回よりもどきどきしながら楽しむ事ができました。

もうご存知と思いますが、最初のナムサダンのシーンでスンさんが、日本語で挨拶しました。思わずキャーと言いそうになりあせりましたが。その他にも初日より日本語のリアクションをしていたような気がします。少し、余裕がでてきたというか・・・やはり舞台は日々進化していくのですね。

綱渡りは一回でOK!大きく深呼吸しながら精神統一しているスンさんを祈るような気持ちで見ていました。劇場全体がシーンとして、スンさんを見守っているようでしたよ。

あと3回観に行く予定ですが、またどんな舞台を観る事ができるのか楽しみです。どうかスンさん始め出演者の方々にけががありませんよう、無事楽日を迎えられることをお祈りします。

2012-11-08 01:56 │ from えみー


11月5日初観劇してきました!!
初レポで悩んでるうちに~夜が明けてしまいました。。。
ちょっと遅くなりましたが記憶を取り戻してがんばります!

気合いをいれてまずは入り待ち~警備の方がいてあまり近付くことはできませんでしたが、スンさんタクシーに4人乗車のギチギチ状態で到着。。。大スターなのに謙虚(涙)
恥ずかしげもなくジャンプして手を振ると笑顔で会釈と手を振って下さいました♪

開場18時~ロビーには沢山の花たち、、、大物スターの舞台~って実感が湧きました!
自分の席探し~、都会組のようになかなか回数行くことが出来ない田舎者の私は張り切って最前列の中央付近のチケットをget!

想像を超えた舞台近さにやや不安になってきた、、、自分の足元から舞台まで1m弱。
髪型が気になってきた、、メイクも気になってきた、、(笑)字幕は上手サイド下手サイド共に見づらい状況(汗)最前列のお席には黒いビニール袋(45Lのごみ袋)とメモが、、、「演出の都合上、一幕後半に水を使用します。どうぞご利用ください。」
もしかしてここはイルカショー状態になる訳!?なんて無駄な心配をしつついよいよ開演致しました!ネタバレをしたくないので率直な感想のみ書かせて頂きます♪

最初にも書きましたが、前方列は字幕はやはり上手側、下手側のサイドブロックの方が見やすいように思います。

舞台は一言に言うと本当に衝撃的でした。
お話にももちろん感動いたしましたが、スンさんを始め皆さんの表情、汗、涙、浮き出る血管まで見えて舞台で使うパワーを全身で感じました。FUYUMIさんの言う見るのにパワーがいるって言葉にホントうなづけます。
特に香川さんと馬渕さんの演技には本当に号泣で1m足らずの所で観劇している私は、そこに自分がいるかのように引き込まれ自然に泣き自然に笑い、舞台中盤の休憩ではものすごい疲労感でした。ふと私、最後まで身体と心がもつかしら?なんて不安にもなりました。
ですが、スンさんの見せ場はこれからです。スンさんの涙、大好きなグクを思い出させるさせるような切ない表情、ソンヒョクのような鋭くて淋しい目つき、トッコジンのようなコミカルな演技、そこに今現在の1年前よりもっと素敵なスンさんの魅力が上乗せされてホント!ホント!言葉になんないって感じでした!
綱渡りも一回で成功!スンさんの体重できしむ綱の音がリアルに聞こえ思わず両手を合わせてお祈りせずにはいられませんでした。
何とも言えない緊張感に舞台が終了した後、放心状態でした。カーテンコールで2~3度出てきてくれました。はっきり覚えていませんが。。。
この日の+αの収穫ですが、スンさんの深爪、すね毛、しわ、血管まで見ちゃいましたよ(笑)
演者さんの動きで風もリアルに感じ、一緒に砂埃まで感じました(笑)
出待ちも成功しました!スンさんも草なぎ君も素晴らしいファンサービスで観劇前よりずーーーーーっつと愛が増えました♪
以上、長いのに中身があんまりなくてごめんなさい。

2012-11-07 10:05 │ from yuri


観てきました。

スンウォンさんがほんとに日本で舞台をふんでいるのを目の当たりにして感無量です。

どきどきの綱渡りも成功です。

剛君との掛け合いがほんとに友情を感じました。

内容は言えませんが・・・この時期にみなさんあのテーマをよくぞ演じてくれたなと・・・

香川さんも鬼気迫ってたし、青木さん、馬渕さんコンビも素晴らしかった。それぞれが主役です。

つよぽんが、セリフかんで「あ、かんじゃった」って素に戻ったのがかわいかったかな。

スンさまも、つよぽんも帰りにあいさつしてくれました。
明日はオフ?スンさまのことだから、ワーカホリックで仕事あるのかな

2012-11-07 00:59 │ from sachiyo

皆様こんばんは。
毎日、楽しく拝見させていただいています。いつも貴重な情報ありがとうございます(^^)
今日、初めて見て来ました
すごくすごくすごく良かったです 席はH席の真ん中で見やすかったです。綱渡りは緊張しちゃって、汗をかいてしまいました。私が汗をかいてもしょうがないけど…
カッコよすぎです 昨日は緊張であまり寝れず、今日は興奮で寝れないかも…
明日はやっとお休みですよね。ゆっくり休んで頂きたいなぁ
次は、1番前の真ん中なんです(^-^)/
楽しみです
毎日、22時位に綱渡りどうなったか気になります。。
無事に大きな怪我をされませんように
いつも本当にありがとうございます。更新を楽しみにしています。

2012-11-07 01:14 │ from リンママ





韓国の記者さんが書いた記事に、熱いコメントをありがとうございます^^彼が見たのは初日でしたね。この記者さんは、スンさんをけなしている訳ではないと思いますよ。初日、スンウォン氏の演技が固かったのは私も思いました。でも、だからといって良くないわけじゃありません。とても緊張していたのも判りました。スンウォン氏は初めての舞台で、声の張りや、所作が、舞台俳優と違い慣れていないのは事実です。周りの出演者さんは、皆さん舞台経験豊富ですしね。

逆に固い演技で当たり前だと思いました。初日から物凄い上手い舞台俳優になっていたら、それはそれでびっくりです^^その中で必死に演技をしているスンウォン氏が、とても素晴らしいと思いました。

なにはともあれ、まだ始まったばかり。舞台は日々成長するものなので、これから日々もっともっと素晴らしい演技を見せてくれるであろうスンウォンさんと、他の出演者さん達にわくわくしています。この記者さんには、ぜひとも千秋楽を見て頂きたいですね^^

*chieこっこさん、あとは、韓国の方は在日韓国の方にははっきり差別がありますから、それもあったかもしれないですね。



スンさん、今日の公演で、綱渡り1回で成功したそうです^^



囲み取材TV映像がこちらで見れます。



読者様からの情報ですが、スンウォン氏は肘に10センチぐらいの包帯を巻いているそうです。やはり怪我をしてますね。どうかこれ以上怪我だけはしませんように(><)

本日観劇される皆さん!今日もレポお願い致します

116-1.jpg
116-2.jpg
116-4.jpg
116-5.jpg


116-7.jpg

悲劇喜劇 2012年 12月号 [雑誌] で、ぼく戦特集です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009P8B89K?ie=UTF8&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=B009P8B89K&linkCode=shr&tag=9gatu1tachi-22&=books&qid=1352116888&sr=1-256


初日囲み取材の記事ですが、一番詳しく載っています。

公開リハの詳細も載ってますが、かなりネタばれしてますのでURLだけ。

http://m.sportsseoul.jp/article/read.php?sa_idx=1533

草彅剛×チャ・スンウォン 熱いタッグを組んだ舞台が上演!

[スポーツソウルメディアジャパン|小川典子記者]


SMAPの草彅剛が主演を務める舞台「ぼくに炎の戦車を –Bring me my chariot of fire-」が、11月3日に上演初日を迎え、報道陣を対象にした、囲み会見と公開リハーサルの機会が設けられた。
この作品は、2008年に上演され紀伊国屋演劇賞をはじめとする演劇賞を総なめにした「焼肉ドラゴン」を手掛けた、鄭 義信(チョン・ウィシン)による作・演出によるものであり、約100年前の朝鮮・京城(現在のソウル)を舞台に、厳しい時代をたくましく伝統芸能集団、男寺党(ナムサダン)と市民、そして彼らと出会う日本人たちの姿を描いた人間ドラマである。
草彅が演じるのは、韓国の文化や民芸白磁を心から愛する青年教師、柳原直輝。実在の人物、柳宗悦(やなぎむねえつ)をモデルにしている。直輝の妹、松代には広末涼子、その夫、大村清彦に香川照之という実力派たちが顔をそろえ、さらには、男寺党の新しい頭領、李淳雨(イ・スンウ)を、チャ・スンウォンが演じるなど、日韓を代表する俳優のキャスティングが、多くの話題を呼んでいる。なお、劇中、草彅や香川は、韓国語によるセリフを披露し、スンウォンは綱渡りに挑戦するなど、見どころがたくさんの作品である。


和服姿の広末涼子。絶大な人気を誇る韓国でも公演が予定されている。|撮影:小川典子

囲み会見には、草彅、スンウォン、広末、香川の4人が出席。それぞれの上演にあたっての意気込みや作品についての思いを聞くことができた。豪華なキャストの登場に、場内はたくさんのフラッシュの光が瞬いた。まずはフォトセッションからスタート。それぞれの舞台衣装に身をまとった姿に、本番を迎えた緊張感と期待感が伝わってくる。スンウォンも、ほかのキャストとともに次々と各社のシャッターに応じる中、「笑顔ください!」と、あるカメラマンのリクエストに、「僕、今、笑ってるよ!」と答えてみせ、笑いを誘っていた。ここからは質疑応答へ。


Q:今月公開の映画『任侠ヘルパー』とはガラリと違うイメージですね。
草彅:(うなずきながら笑みを浮かべ)そうですね。時代も違うので、今回は学校の先生なので、エリートというか、頭の良さそうな…というより、頭がいいんですけどね(笑) そういう役です!

Q:今回、また新しいことにチャレンジをしましたが…。
草彅:はい。こんなにしっかりと韓国の俳優の方と一緒に演技をしたことがなかったので、とても刺激的に毎日を過ごしています。

Q:以前からスンウォンさんとはお知り合いですか?
草彅:そうなんですよ。番組でも対談したことがありまして、5年ぐらい前に。その時から、すごく気になっていた方なので、今回、共演することができてすごくうれしく思っています。

Q:どんなところが、気になっていたんですか?
草彅:いやもう、ただただかっこいいんで…。お芝居がすごく好きなんですよ、スンウォンさんの。
スンウォン:(日本語で)ありがとうございます!(場内は爆笑)
草彅:今回の舞台では、僕とスンウォンさんは友情が、香川さんと広末さんは親子の絆がテーマになっています。マスコミの方もこんなにたくさん集まってくれて…。今日は初日なので、“いっぱい、いっぱい”の気持ちになっていますね。

Q:それは“セリフ”がですか(笑)?
草彅:あぁ、もう、いっぱい、いっぱいですね(笑) 韓国語のセリフもありますし…。頭の中がこんがらがっているんですけれど…でも、なんか上手くいくと思います!幕が開いちゃえば、もうね…(笑)

Q:草彅さんの印象はどうでしたか?
スンウォン:インタビューをするためにソウルに来たんですが…。
(と、すべてのコメントが終わった後)
草彅:あの、5年前に会ったことがあるんですが…(韓国語が得意な草彅が、通訳より先に伝えようとする姿に大きく沸く会見場。その後も続けてしまう) 僕の印象は誠実で…すごく本のビッグスターということが分かったと!1か月の稽古期間でも、そんな僕の印象は変わらず、ホントの意味でいい友情関係が築けると…って言いましたよね(笑)?
(その間、広末は“うわ~、すごい~”といった表情で聞いており、香川もうなずきながら、笑っている)
スンウォン:(日本語で)すごい!すごい!
草彅&スンウォンがハイタッチをし、拍手が沸いた。

Q:稽古の間にも草彅さんが通訳に?
草彅:さすがにお芝居になると難しいので、通訳さんにちゃんとお願いしていました。

Q:お芝居だけでなく、実際にも“兄弟の契り”ですか?
草彅:そうですね!“ホントの友情”が大事なので、舞台でそれを叶えることによって、観に来てくれるお客さんにも、すごく伝わることがたくさんあると思いますので…。今日からスタートする公演の1か月、しっかり友情を高めて、がんばりたいなと思います。

Q:具体的にも、友情を感じることは?
草彅:たくさんあります!それは観ていただけると分かると思うんですけれど、気持ちが本当に深く熱くぶつかり合うというか…。そういうシーンがホントにあるので、想像以上に良い舞台になっていると思います、僕は。

Q:この作品を通じてあらためて韓国の魅力を?
草彅:“ともに生きていく”ということの大切さを知りました。それはいつの時代も同じなのですが、気持ちが通じ合えることはすごくうれしいことで、大事なことなんだなと思いました。
香川:韓国の俳優さんたちは、心も体もやはりパワーがあって…。稽古の時も、日本人の俳優たちが、引っ張っていってもらったという1か月でした。チャ・スンウォン氏はとくに、心がきれいで…。はじめてお芝居を拝見しましたけれど、僕は韓国語が分からないけど、チャさんの言葉のトーンに涙が出てくる。それはきっといろんな苦労があったと、いろいろな想いをされてきたと、そういうことがわずか一言のセリフで分かる、そのまま映し出すことができるピュアな心を、チャさんをはじめ、韓国人の俳優さんが全員持っていらっしゃる。これは、とても信頼できることですね。
スンウォン:(感動し日本語で)お兄さん…。
広末:わたしも本当に国とか国境とか国籍とか、そういうことじゃなくて、同じ時代に、同じ土地で生きてきた人。もちろん時代に翻弄されて、いろんな歴史があると思うんだけれど…。そこで生まれた、愛情、友情、命の尊さ…そういうものを感じ取っていただければ…。それは世界共通のことかなと、この作品を通してあらためて感じました。

Q:香川さんも韓国語に挑戦?
香川:さきほどから草彅くんが、いろいろ話していますが、僕はそんなんじゃないのに、半分以上も韓国語で話さなくてはいけないという、どんなムチャぶりなんだと…(笑)本当に大変です…。お芝居で韓国語をしゃべるっていう、この生で、人の前でしゃべるっていうのもとても恥ずかしいですし、厳しいですね。先ほども申しましたように、韓国人の俳優さんたちや通訳の方、いろいろな方々にご協力いただいて、なんとかやっていけるかなと …足手まといにならないように…。
草彅:がんばりましょう!
香川:がんばるしかない!発音の良し悪しまでは聞かないでくださいね(笑)!
草彅:カンペキです、香川さん!
香川:そんなことないですよ、とっても難しい…。
草彅:すごいですよ、香川さん!広末さんも、家族の物語があるんですが、舞台上で親子げんかをする場面があるんですが、ホントにすごいシーンで…。観ていて毎回、毎回、感動して、僕もがんばろうと思えるんです!香川さんは…、毎朝、稽古場に行くと、汗だくの香川さんがいらっしゃって…。朝の8時や9時に、すごい汗だくなんですよ!いつも僕なんかは、「眠いな~」と思って入っているのに、もうその時点で、汗がダラダラなんです(笑)!

Q:それは、汗と涙ですか?
香川:この舞台は、全部で15幕あるんですけれど、13幕に僕がその汗だくになりそうなシーンがあって…。14幕でチャ・スンウォン氏には、大変なシーンがあるんですね。それを受けて15幕は草彅さんが、膨大な名ゼリフでバシっと締めるという、この“3つの流れ”が、もう、ひとつの“タスキ”なので、どうそのバトンを僕は渡していくかと…。これには、広末さんの力もいただきながら、僕たち一丸となってやっていくしかないなと…。

Q:劇中は曲芸を披露されるとか?
スンウォン:そうなんですよ。僕は綱渡りに挑戦するんですが、通常は1年ぐらいのトレーニングが必要なところを、今回は1か月くらいに集中して練習しました。指導された清水さんが非常に熱心に教えてくれました。本番ではどうなるか分かりませんが、このお芝居の中では非常に重要なシーンですで、たとえ失敗したとしても、ベストを尽くしたいと思っています!実は、毎晩、夢の中で綱渡りをするシーンが出てくるんです。昨日も見ました…。僕がこれを挑戦することによって、感動的な何かを伝えられたらと思っています。ぜひ期待してください!
香川:何だかんだ言って、我々は“芝居”なわけなんです。でも、この14幕でスンウォンさんがやることは、本当に芝居ではないリアルなものを突き抜けた瞬間です!僕たちが見ていても、無条件に圧倒されます。本当に、毎日稽古されていますもんね。

Q:公演中、草彅さんに期待するものはありますか?
スンウォン:草彅さんと…(と、韓国語でコメントをした後、またもや草彅自身が伝えることに!)
草:あー、あの~(場内爆笑)!稽古の初日に食事したんですよ、みんなで。焼肉食べに行って。それで、5日前くらいに、今度は2人で食事に行ったんですよ。それも韓国料理屋さん。“ナクチ”っていう生きたままタコをぶつ切りにしたのがあるんですが、“すごく元気が出る!”ってスンウォンさんが教えてくれて。なので、公演が始まっても、1週間に2回はナクチを食べに行こう!って、誘われました(笑)!

Q:約束できそうですか?
草彅:はい、そうですね!
スンウォン:草彅さんをふくめて、日本の俳優やスタッフのみなさん、韓国の俳優ももちろんですが、いろんな方々が“伝えるもの”を教えてくださっています。この関係を長く続けていけたらいいなと思っています。

Q:最後にメッセージを
草彅:今日から「ぼくに炎の戦車を」が、赤坂ACTシアターで公演が始まります。とても心に伝わる舞台になっています。観に来てくれた方は、“明日から元気にがんばろう!”という気持ちになると思います。ぜひともこの舞台を、よろしくお願いします!


男寺党の衣装を身にまといスラっとした出で立ちが映える!|撮影:小川典子

最後の草彅の言葉に、ほかの3人もうなずき、舞台を通じて心を一つにしている様子が見て取れた。報道陣の激励の拍手に、草彅自身も「ありがとうございます、がんばります!」と前向きな姿勢で、会見場を後にした。



観られた方達から、感想が上がってきています。もったいないので上げますね


11/3初日分


お疲れ様でした(≧▽≦)
いや~素晴らしかった!!(*´∇`*)
お腹がよじれる位笑って、嗚咽が出そうになる位泣いて、思わず声が出ちゃう位ハラハラドキドキして、本っ当に素晴らしかった!
もうこの一言に尽きるよね。
3時間半は、正直長いなぁ(゚ー゚;Aって思ったんだけど、始まったらあっという間だった(^-^)
むしろ、もっと観ていたかった(笑)
でも、舞台ってすごいね。俳優陣の感情がびしびし伝わってきてこんなに感動するものだとは思わなかった。
FUYUっちみたいにうまい事書けないけど、観てよかった!
ありがとう(*´∇`*)

2012-11-04 02:52 │ from あゆくま



興奮冷めやらず!
Fuyumiさん、お疲れ様でした~

感動と興奮冷めやらず・・・帰宅も終電ギリギリでしたが・・・

スンさんを見ているだけでも満足ですが、やっぱり凄い舞台でした。
笑って、泣いて、笑って、笑って、泣いてって、良いテンポでお話は進んでいきました。
悲しみの先には、きっと希望があるのだと、信じて心の炎は消さない!

スンさん本当に頑張っていましたよ!
綱渡りの時は、やはり祈りの時となりましたが、いちかばちかのハラハラが舞台の上からも伝わってきました。

他の共演の方々も皆、力を尽くされた演技で素晴らしい舞台を見せて下さいました。
Fuyumiさんもおっしゃていた香川さんの演技は、心をえぐられる感じがするほど迫力で、本当に素晴らしい役者さんですね!

一度だけちょこっと、スンさんのガハハ笑いが出た時は、嬉しかったな^^
あっという間の三時間でしたが、出待ちまでしたら、手を振って頂けました♡
会場でお会いした沢山のファンの方達にも、親切にして頂いて感謝しております~
スンさんの毎日のご無事を願って、又観に行きます!

Fuyumiさん、これからも宜しくお願いします~♪

2012-11-04 03:03 │ from chieこっこ



11/4分

はじめまして。
今日の昼の公演をみてきました。

綱渡り、昨日は一回で成功したのですか。
詳細は避けますが、今日は観ていて身が縮む思いでしたが、役者としてのスンウォンさんの強さや大きさをもの凄く感じる舞台でした。

ちなみにmasaさんの参考になるかわかりませんが、私は一階U列の左ブロックのほぼ端っこでしたが、舞台全体も字幕も問題なく観られました。

2012-11-04 22:53 │ from michi


僕に炎の戦車を
fuyumiさん、みなさんこんばんは。

このブログ、みなさんのコメントいつも楽しみに拝見してます。

「僕に炎の戦車を」2日目の夜公演を観てきました。

ありきたりな感想ですが、本当に観に行って良かったです。

笑いあり、涙あり、日本語あり、韓国語あり?
でも、字幕は見なくても充分伝わりましたよ。
スンウォン氏は見た目カッコいいだけでなく、すばらしい俳優さんですね。
不思議な人です。

舞台を観ている間
この舞台を作り上げるために、日本と韓国の俳優さん、スタッフさんが、互いに力を合わせたこれまでの数か月、そして、これからの数か月を勝手に想像して胸が熱くなりました。

上演を重ねるごとに、更によい舞台になっていくことを、スンウォン氏が怪我なく最後まで演じ切ってくれることを心から祈っています。

2012-11-05 18:24 │ from Love2kuro

11/5分

ぼくに炎の戦車を・・11/5に観覧して
コメントを入力ください
7月の日比谷公会堂イベント以来ですが、昨晩、チャ・スンウォン オッパに会ってきました。7月のイベント終了後に、オッパのお帰りはまじかに会えて、ますますご贔屓になったのですが・・・スリムになってチョンマル モッシソヨ!
席は、1階M列のセンターだったので、よく見えました!Fuyumiさんのブログを読ませていただき、綱渡りでの落下の怪我も心配だったのですが、そのシーンでは、「オッパ ファイティン」と心から叫び、行きは、成功!帰りはあと少しで落下してしまいましたが、草なぎ君のフォローですぐに立ち上がり、ホッとしました。竹島問題などで公演も危ぶまれて心配しましたが、公演できてよかったと思っています。綱渡りも、日を追うことに、きっと上達するのは間違いないと確信しています。また、戦争による悲劇を改めて感じて、今後は平和な世界を求めずには、いられないと思いました。東京公演、大阪公演と長帳場ですが、出演者一同の健康と盛会を祈っています。

2012-11-06 13:30 │ from Princesmichan


観てきました
チャ・スンウォンッシは無事です。綱渡りは行きは安定して渡り切りました。帰りは3分の2くらいまで行ってバランスを崩して落ちましたが、きちんとコントロールして落ちたふうにしていたようです。昨日の事を知っていたので不安でしたが、綱の上にいるチャ・スンウォンッシは、あなたならできる!必ずやってくれるそう思ってしまうほど堂々としていました。
千秋楽までどんどん成長して行く…そんな舞台でした。

2012-11-05 22:36 │ from redcanally


サイト!!
いつも本当にお世話になっています♪少し遅い報告になりますが11月5日の『僕に炎の戦車を』観て来ました『生舞台』チョンマルx②チェゴ!!でした☆公演は3時間以上ですが長時間を感じさせない素晴らしい舞台です!!日韓の俳優サン!スタッフの方々!裏方の方々!本当に皆で『協力』して作り上げた友情の舞台だと思います☆この友情の舞台は日を重ねる事に友情が深まり更に素晴らしくなると思います☆舞台で演じるスンウォンシィ-!は本当に凄い俳優サン!だと改めて感じました☆あの綱渡りは本当に凄い!!渡る前に何度も縄に足を這わせバランスを確認して大きく息を吐いてから綱を渡り始めて最後までバランス良く渡りきれた時…。本当に嬉しかった!スンウォンシィ-!が無事を渡りきるまで息が出来ないほど『ドキドキ』しました!戻る時の綱渡りでは半分過ぎでばらんすを崩し落下してしまいましたが変な着地する事なかったので良かったです!!『千秋楽』まで大きなケガする事ない様に祈ります!!

2012-11-06 02:22 │ from leon22


観てきました。。。
5日の公演行ってきました。皆さんのお話しのようにラストの綱渡り・・足のことが心配でしたが無事渡ることができてホントよかったです。
渡るまえにセリフ(掛け声?)もあり、足を何度もスリスリしていたので観ていてドキドキの感じでした。
スンウォンssiはとても素敵でしたよ。また、作品も実にすばらしい!
当時の朝鮮に渡った日本人の苦しみ、さまざまな心の葛藤・・・ラストの草薙君の言葉に
心うたれました。
今月の最後の週にまた観にいくので、お芝居がどんな感じになっているか楽しみです。

2012-11-06 10:30 │ from naonao



在日韓国人演出家の定義神の新作 "私に火の戦車を"日初公演現場


韩日和解のメッセージに長いカーテンコール[東亜日報]

独島問題で触発された韓日関係の硬直がなかなか解消されていない。このような敏感な時期に日韓両国の和解のメッセージを込めている演劇"私に火の戦車を"が日本、東京の中心である赤坂大劇場で公演を開始した。日帝強占期京城(ソウル)を背景にナムサダンペに属する韓国人と韓国文化に心酔した日本人の友情を扱った作品で、両国の俳優たちが一緒に出演する。開幕日の3日公演会場である赤坂ACTシアターの1300の客席は日本人観客に満員だった。カーテンコールの時拍手が長いず、しばらくは退屈に感じられるほどの公演は大盛況を成した。この作品は、韓日両国のスターチャ·スンウォンさん、草なぎ剛、広末涼子さんが出演して特に目を引いた。草薙さんは、日本のアイドルグループSMAP(SMAP)出身の芸能人で韓国では"チョナンカン"という名前で知られている。在日韓国人作家兼演出家の定義シンさんは6月にソウルで公演した"春の歌は海に流れて"をで1944年全羅道どの島を舞台に、韓国人の家族と島に駐屯する日本軍兵士たちの間の愛憎を描いたことがある。今回の作品では、1924年京城を舞台にして、韓国人と日本人の友情というテーマもはるかに鮮明に表わした。


草薙さんが引き受けた日本人主人公柳原直樹は日帝強制占領期間に朝鮮文化に心酔して関連著述と寄稿を多数残した実在の人物、柳宗悦(柳宗悦·1889~1961)をモデルにした。総督府の光化門撤去に反対していた主人公に知られている彼は、この演劇で"直樹"という人物として形象化された。朝鮮で夜学を運営して白磁を勉強する直樹が偶然ナムサダンペの演技者であり、コクヅスェイスンオ(チャ·スンウォン)に出 ​​会い、二人は友情を築いていくというストーリーだ。公演最後直樹の演説この作品のメッセージを圧縮した。"いつか朝鮮は解放されて、皆さんにも自由が訪れる日がくるでしょう。それまでに、そしてその後も皆さんの前には多くの苦痛と多くの悲しみが迫ってくるでしょう。それでもいつも胸には"火の戦車"を抱えて、数多くの苦難と戦って出てください。100年後、200年後の今、皆さんの苦しみ、悲しみは嘘のように消えて、笑いながら話をする日が来るでしょう。未来はすでに皆さんの手です。 " 演劇に初めて挑戦したチャ·スンウォンさんの演技は、既存演技枠から脱することができなかった舞台掌握力も落ちて物足りなさを残した。作品全体的に主人公たちの友情も作為的な感じを与えたが、観客たちの感性を掘り下げる演出力は素晴らしかった。公演後、一部の観客は"感動的だった。ところが日本の右翼で内容を知ることは、大規模なデモに出ないか心配だ"と懸念を示したりもした。公演に先立って開かれた懇談会で、俳優たちは、最近、両国の冷ややかな雰囲気とは異なり、厚い連帯感を示した。車さんは草薙さんについて"6年前に私のインタビューに韓国へ来た日本のスターにふさわしくなく謙遜して良いイメージを持っている。今回練習しながら一ヶ月に生活してみると、なぜ長い間ファンに愛されるのか分かるようだ。公演をきっかけに良い友達に残るようだ"と話した。草薙さんも"韓国俳優とは初めて公演して見るの作業の雰囲気がとても良い。チャ·スンウォンさんはとても熱心に努力する俳優と学ぶ点が多かった"と答えた。この作品は、12月に東京と大阪で公演した後、2013年1月、ソウル舞台に上がる。東京=キム·ソンギュ記者kimsk@donga.com

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

はじめまして

Fuyumi様、チャ・スンウォンさんのファンの皆様 こんにちは。

初日レポを探していてこちらのブログに辿り着き、情報量の多さに感動してここ数日頻繁に覗かせていただいています。ちなみに香川さんファンです。すみません(^^ゞ

大阪住みなので大阪公演は複数回観る予定なのですが、皆様の熱いレポを拝見してすぐにでも赤坂に飛んで行きたい気持ちです。(^_^;)
いや、本当に行ってしまいそうなんですが・・・。(笑)

レポを読ませていただいてるお礼を申し上げたくてコメントさせていただきました。
スンウォンさんのお怪我が無いよう、私もお祈りしていますね。

2012-11-06 15:05 │ from tomoURL Edit

レポ楽しんでます!

Fuyumiさん、皆様

こんばんは!
皆さんのたくさんのコメントを拝見して毎日毎日行った気になっております。
ありがとうございます~。
来週二回目行きますが、席も全く違うし、演者の皆さんのコンディションも違うでしょうし、今回はどんな印象を受けるのか楽しみです!
私もレポいたしますね!

2012-11-06 19:13 │ from FumikoURL

はじままして♡(●^o^●)

いや~もりあがってますね!(^。^)!

今この時にこのような舞台が上演されるという事が、やはり本当に素晴らしいですよね。
この舞台が間違いなく、日韓をつなぐかけ橋の一つとなる事を思い、心から応援したいです。

スンさんの圧倒的な素敵さ、そして演技にかける情熱を、今度もしっかり目にやきつけて
来てくださいね!\(^o^)/


2012-11-06 22:22 │ from ぴーこURL

No title

キム・ヒョング記者の記事に反論しても良いですか
チャ・スンオゥンさんの演技が既存演技の枠を超えなかったという意見でしたが、私には大変良かったと思えました。舞台演劇はとかく声を張り上げて訴えるものが多い中。声のトーンを押させて、一言一言心の底から振り絞るように訴える演技に、心の底にある悲しみや、苦しい思い、せつなさが感じられて、見ている観客の心の底に響き、心からの涙を誘ったのではないでしょうか。スンオゥンさんの演技は既存演技の枠内なのでしょうか?
今まで見たドラマや映画の中から見たことのない 悲しい泣声。ストレートに心に響く言葉でした。役どころ、声を張り上げない言い方がとてもよかったと思うのです。スンオゥンさんに、心からの拍手を送りたいです!そして、過去の出来事を受け止めて現在がありそして未来を希望にあふれたものにしていきたいというメッセージをしっかり受け止めたいと思います。

2012-11-06 23:13 │ from ドンチッチURL

既存の演技?

韓国の方からすれば ましてや記事を書く人からしてみたら そう映るかもしれません。韓国の芸能は日本の枠を遥かに越えているのは事実です。でも、この作品は、観る人の多くが日本人で共演者にも日本人が多い。韓国語の台詞にも制限があるでしょう。テロップの都合上仕方ないと思います。そんな中でチャ・スンウォンッシはとても役を理解して演技していたように感じました。あれほどクールでオシャレな人なのに舞台上では とても土臭く、彼の周りからはあの当時のソウルの匂いがしてくるようでした。
生の舞台は毎回変わって行くものだから、既存の演技と受け取られても 要は観る私達が良い時間を過ごせたら それが正解だと思います。

2012-11-06 23:47 │ from redcanallyURL

まさにドキュメンタリー!

Fuyumiさん、皆さん、こんばんは。

Fuyumiさんや皆さんの熱〜いレポで、毎日スンウォンさんの様子がわかり、とても嬉しいです(^^)。

今日の公演、スンウォンさん、綱渡り、1回で成功したとのこと。Fuyumiさん、情報ありがとうございます\(^O^)/! 毎日とっても練習しているのでしょうね。草なぎくんも言っていましたが、本当に今回の舞台はまさにドキュメンタリー。毎回何が起こるかわからず、何度観ても新鮮で…。役者として様々なことをインプットしたいからとはいえ、この役を引き受けたスンウォンさんはやっぱり凄いと思うし、我が道を真っすくに行く彼を羨ましくも感じます(あっ、自分の仕事に対する焦りが…f(^ー^;)。

私は初日に行きました。当日の模様は皆さんがお伝えしてくださっているので、席についてご報告します。2階席のG列の舞台正面から左寄りだったのですが、思ったより全体像がしっかり捉えられて観やすかったです。残念ながら表情まではわからないので、オペラグラスを片手に観ていました。韓国語の場面では舞台両サイドにある字幕を読みながらと、最初は見づらかったのですが、字幕を一言一句捉えなくても、役者さん達の演技でおおかたのことは予想できるので、途中からあまり字幕を気にせず、気軽に観るようにしました。

次は東京の千秋楽に行く予定です。それまでまたFuyumiさんや皆さんの熱いレポで、毎日ワクワクさせていただきたいと思います(^^)。スンウォンさん、出演者&スタッフの皆さん、ファイティン!

2012-11-06 23:55 │ from tabachinURL Edit

11/6

観てきました。

スンウォンさんがほんとに日本で舞台をふんでいるのを目の当たりにして感無量です。

どきどきの綱渡りも成功です。

剛君との掛け合いがほんとに友情を感じました。

内容は言えませんが・・・この時期にみなさんあのテーマをよくぞ演じてくれたなと・・・

香川さんも鬼気迫ってたし、青木さん、馬渕さんコンビも素晴らしかった。それぞれが主役です。

つよぽんが、セリフかんで「あ、かんじゃった」って素に戻ったのがかわいかったかな。

スンさまも、つよぽんも帰りにあいさつしてくれました。
明日はオフ?スンさまのことだから、ワーカホリックで仕事あるのかな

2012-11-07 00:59 │ from sachiyoURL

皆様こんばんは。
毎日、楽しく拝見させていただいています。いつも貴重な情報ありがとうございます(^^)
今日、初めて見て来ました
すごくすごくすごく良かったです 席はH席の真ん中で見やすかったです。綱渡りは緊張しちゃって、汗をかいてしまいました。私が汗をかいてもしょうがないけど…
カッコよすぎです 昨日は緊張であまり寝れず、今日は興奮で寝れないかも…
明日はやっとお休みですよね。ゆっくり休んで頂きたいなぁ
次は、1番前の真ん中なんです(^-^)/
楽しみです
毎日、22時位に綱渡りどうなったか気になります。。
無事に大きな怪我をされませんように
いつも本当にありがとうございます。更新を楽しみにしています。

2012-11-07 01:14 │ from リンママURL

休息!

Fuyumiさん、こんばんは^^

今日は、成功ですね!
今日の綱渡りのコーナーになりそうな位、日々の心配事の一つですね!

ファンとしては無事に千秋楽を迎えてくれる事、それだけです。

舞台の評価は人それぞれ、国によっても違うかもしれませんね。
ただ、初日の初舞台の批評にしては、随分だな・・と感じました。
共演の方々と、観客の温かいカーテンコールが退屈に長いと感じるのだから、
この舞台の意味を感じとって頂けてないのかも・・・?
一人の舞台俳優として評価するには、早すぎでしょう!

スンさんは、とても器用な方だから、一舞台一舞台進化していくのでしょうね!
本当に、次回の観に行くのが楽しみです!スンさん明日はゆっくり休んでね!

もしかすると、間違ったコメントが送られたかもしれませんが、削除でお願いします~
パソコン、調子悪いし~(涙)すみません~




2012-11-07 02:01 │ from chieこっこURL Edit

遅くなっちゃってごめんなさいm(>_<)m

11月5日初観劇してきました!!
初レポで悩んでるうちに~夜が明けてしまいました。。。
ちょっと遅くなりましたが記憶を取り戻してがんばります!

気合いをいれてまずは入り待ち~警備の方がいてあまり近付くことはできませんでしたが、スンさんタクシーに4人乗車のギチギチ状態で到着。。。大スターなのに謙虚(涙)
恥ずかしげもなくジャンプして手を振ると笑顔で会釈と手を振って下さいました♪

開場18時~ロビーには沢山の花たち、、、大物スターの舞台~って実感が湧きました!
自分の席探し~、都会組のようになかなか回数行くことが出来ない田舎者の私は張り切って最前列の中央付近のチケットをget!

想像を超えた舞台近さにやや不安になってきた、、、自分の足元から舞台まで1m弱。
髪型が気になってきた、、メイクも気になってきた、、(笑)字幕は上手サイド下手サイド共に見づらい状況(汗)最前列のお席には黒いビニール袋(45Lのごみ袋)とメモが、、、「演出の都合上、一幕後半に水を使用します。どうぞご利用ください。」
もしかしてここはイルカショー状態になる訳!?なんて無駄な心配をしつついよいよ開演致しました!ネタバレをしたくないので率直な感想のみ書かせて頂きます♪

最初にも書きましたが、前方列は字幕はやはり上手側、下手側のサイドブロックの方が見やすいように思います。

舞台は一言に言うと本当に衝撃的でした。
お話にももちろん感動いたしましたが、スンさんを始め皆さんの表情、汗、涙、浮き出る血管まで見えて舞台で使うパワーを全身で感じました。FUYUMIさんの言う見るのにパワーがいるって言葉にホントうなづけます。
特に香川さんと馬渕さんの演技には本当に号泣で1m足らずの所で観劇している私は、そこに自分がいるかのように引き込まれ自然に泣き自然に笑い、舞台中盤の休憩ではものすごい疲労感でした。ふと私、最後まで身体と心がもつかしら?なんて不安にもなりました。
ですが、スンさんの見せ場はこれからです。スンさんの涙、大好きなグクを思い出させるさせるような切ない表情、ソンヒョクのような鋭くて淋しい目つき、トッコジンのようなコミカルな演技、そこに今現在の1年前よりもっと素敵なスンさんの魅力が上乗せされてホント!ホント!言葉になんないって感じでした!
綱渡りも一回で成功!スンさんの体重できしむ綱の音がリアルに聞こえ思わず両手を合わせてお祈りせずにはいられませんでした。
何とも言えない緊張感に舞台が終了した後、放心状態でした。カーテンコールで2~3度出てきてくれました。はっきり覚えていませんが。。。
この日の+αの収穫ですが、スンさんの深爪、すね毛、しわ、血管まで見ちゃいましたよ(笑)
演者さんの動きで風もリアルに感じ、一緒に砂埃まで感じました(笑)
出待ちも成功しました!スンさんも草なぎ君も素晴らしいファンサービスで観劇前よりずーーーーーっつと愛が増えました♪
以上、長いのに中身があんまりなくてごめんなさい。

2012-11-07 10:05 │ from yuriURL Edit

深いですね!

Fuyumiさん、こんばんは^^

なるほどね!ありがとうございます!
ひとつ舞台を観るだけでも、心の闇があると簡単じゃないのですね・・

私は、スンさんを通して随分韓国を知って、理解しようとして・・・
まったく、スンさんは私からすると、韓国親善大使ですわ!

叶わないけど、ずっと日本にいてほしいな~帰したくないな^^
イエニちゃんが恋しいかな?(意地でも奥様がとは、言わない!)(笑)

2012-11-08 01:52 │ from chieこっこURL Edit

No title

はじめてコメントさせていただきます。
いつもスンウォンサンの情報をいち早く伝えていただき、ありがとうございます。

昨日、舞台を観てきましたので、簡単ですが少しご報告しますね。

初日にも観たのですがその時は二階席の後方でした。今回は一階席のほぼ中央の席で
やはりとても観やすく字幕も舞台全体も良く鑑賞できました。スンさんの汗や涙までは
よく見えませんでしたが、演者さんたちが近くに来たり、前回よりもどきどきしながら楽しむ事ができました。

もうご存知と思いますが、最初のナムサダンのシーンでスンさんが、日本語で挨拶しました。思わずキャーと言いそうになりあせりましたが。その他にも初日より日本語のリアクションをしていたような気がします。少し、余裕がでてきたというか・・・やはり舞台は日々進化していくのですね。

綱渡りは一回でOK!大きく深呼吸しながら精神統一しているスンさんを祈るような気持ちで見ていました。劇場全体がシーンとして、スンさんを見守っているようでしたよ。

あと3回観に行く予定ですが、またどんな舞台を観る事ができるのか楽しみです。どうかスンさん始め出演者の方々にけががありませんよう、無事楽日を迎えられることをお祈りします。

2012-11-08 01:56 │ from えみーURL Edit

女性セブン

Fuyumiさん、今日発売の女性セブンに舞台の記事が載るみたいです。
今から買いに走りますっ。
ご存知かもしれませんが、とりあえず、お知らせしておきます。

2012-11-08 08:22 │ from masaURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。