Lovey - Dovey予告編(記事追加) - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » Lovey - Dovey予告編(記事追加)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lovey - Dovey予告編(記事追加)



122-1.jpg


ソウル独立映画祭2011のプログラム..シネマエンジェルプロジェクトなど様々


<ジョワブト:イヒョンスン監督、コンヒョジン、チャスンウォン>

2007年に発足したシネマエンジェルプロジェクトは、アンソンギ、ソンガンホ、ファンジョンミン、チョンドヨン、イビョンホン、イムスジョン、コンヒョジン、チャスンウォンなど忠武路界の代表俳優らが参加し、文化疎外階層に映画鑑賞の機会を提供するために、映画観覧券提供、短編と独立映画後援、芸術映画のフィルム寄贈など幅広い支援活動をしているスクリーンの外の後援プロジェクトだ。

去る10月に開かれた釜山国際映画祭との活動に続き、2011年の最後のシネマエンジェルプロジェクトとして、ソウル独立映画祭2011と一緒に進行するようになった。シネマエンジェルプロジェクトは、李ヒョンスン監督が中心となって進められた事業で、2007年の発足当時、最初の支援事業として、ソウル独立映画祭を後援している。独立系の映画の代表祭りであるソウル独立映画祭で開かれるシネマエンジェルプロジェクトでは、主流の映画人たちが独立系映画の活気に満ちたエネルギーを応援するという点で意味がある。

また、独立系の映画監督、俳優たちが、ソウル独立映画祭2011一日ボランティアという名前に特別に参加するイベントも目を引く。参加ゲストや映画祭スタッフ、ボランティアの交流と疎通を活発にしてくれるイベントで、独立系映画の滋養分である、監督や俳優たちの参加と呼応を引き出した点で、全方位の映画人たちが参加する映画祭の意味を一層ダジョジュルと期待する。恵化、同意ミンヨングン監督、鍾路(チョンノ)の奇跡のイヒョクサン監督、ソウル独立映画祭2009開幕作であるナイトスタンドの俳優の李秀賢など、多様な独立映画人たちの参加が相次いでいる。

私たちはアクション俳優だの俳優グァクジンソクシヌン"毎年、ソウル独立映画祭一日ボランティアに参加してきた。一年を終えるソウル独立映画祭は、すべてに格別なので、私の出演作がなくても一緒にしたい。一日ボランティア活動は、監督、俳優、観客の距離を狭めて打ち解けた疎通の[開く]を作っていくという点で非常に肯定的だ"と体験談を明らかにした。今年特に注目される点は、参加者の幅が広がったのだ。ミスコリア出身でドラマシティーハンターで注目された新人俳優バクイェジュシガTwitterを使って自発的な参加意思を明らかにし話題になっている。

今年、ソウル独立映画祭では、海外招待部門の特別上映に加え、米国の代表的な独立ドキュメンタリー映画との出会いも用意されている。特別上映作の中の一つの"もし木が倒れれば:地球解放戦線の物語"の監督であるサムコルモングァPBS独立したTVサービスの統括プロデューサーのロイバスンウル招き、"米国での独立ドキュメンタリー製作及び配給"というテーマでのラウンドテーブルの座談会を持つ。アメリカの独立ドキュメンタリーの環境と未来そしてドキュメンタリー制作及び配給に備えた両国の独立ドキュメンタリー陣営の協力の可能性など、様々なテーマで海外の対談を進行する予定であり、12月9日(金)午後4時、CGV狎鴎亭2管で、米国独立ドキュメンタリー映画関係者たちに直接会うことができる。

また、韓国独立ドキュメンタリーの製作と配給の問題と可能性を点検することができるセミナーも用意されている。国内招待部門エクチビジュムフォーカスの両方のドキュメンタリーや川(江)、最初に2011年、韓国独立ドキュメンタリーエクチビジュム誰が誰ジャルヘトナ! - vs川(江)、元の"セミナーを持つ。二つの映画が持っている映画祭の問題と共同体の配分を目的として制作された二つの作品のエクチビジュム映画の可能性についてのセミナーは12月13日(火)午後4時、CGV狎鴎亭の4館で行われる。

国内最大の独立系映画の祭典、ソウル独立映画祭2011は、独立系映画であるだけでなく、海外独立ドキュメンタリー映画関係者の参加、そして忠武路代表映画俳優たちの熱い参加を得て、来る12月8日から16日までの9日間CGV鴨​​鴎亭で開かれる予定です。

121-2.jpg



チャスンウォン、生涯初のドキュメンタリーのナレーションに挑戦‥声も演技だ



俳優チャスンウォンがMBCスペシャルドキュメンタリーを通じて、生涯初めてナレーションに挑戦した。チャスンウォンは1日、MBCの創社50周年記念特集スペシャルドキュメンタリー"忠州誠心学校野球部"(演出ユンミヒョン)ナレーションを行った。映画"グローブ"の実際の主人公でも一忠州誠心学校野球部は、創立後10年間1勝もおさめ ​​ることができなかった、53の全国高校野球チームのうち53位コルチチム。今回のドキュメンタリーは、1年余りの撮影期間を経て忠州誠心学校野球部の子供たちが野球を通じて成長していく姿を現わした。小中学校と野球をしたチャスンウォンは、"京津には寂しいだっただろう"、"ジュンソクがヒット走ったか?" など、野球部の子供の名前を身近に歌って感情に没頭した。チャスンウォンは、手でアクションを取って声の演技を繰り広げ、約3時間のナレーション録音時間の間に積極的に劇に同化された姿を見せることも。チャスンウォンは、ナレーションの録音を終了後、"勝敗を離れて困難を克服し、夢を成し遂げようとする過程が感動的だ"として"多くの社会的偏見を抜け出して応援したい"と所感を明らかにした。"忠州誠心学校野球部"1部は、来る2日午後11時15分MBCスペシャルで放送される。


一日伸びましたね^^



ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/181-1f23382d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。