チャスンウォン"ファッションショーの舞台で、今も緊張する" - チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss

チャ・スンウォン Cha Seung Won Kiss Kiss Kiss ホーム » スポンサー広告 » チャ・スンウォン » チャスンウォン"ファッションショーの舞台で、今も緊張する"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャスンウォン"ファッションショーの舞台で、今も緊張する"

1123-1.jpg

1123-2.jpg
1123-3.jpg
1123-4.jpg
1123-5.jpg
1123-6.jpg


チャスンウォン"ファッションショーの舞台で、今も緊張する"

笑いーとはなかった。顔には緊張感が漂った。真摯な姿勢に取材陣も苦労してインタビューを要請したが、"ファッションショーに立つ時はインタビューをお断りします。申し訳ありません"と静かにマルハンドィバックステージ地に歩を移した。
チャスンウォン。今では、スクリーンとテレビ劇場を縦横無尽縫うトップスターになったが。それ以前に、彼はトプモデルイオトダ。1990年代のファッションショーの舞台で本格的に顔を知られた彼は、すぐにランウェイを平定した。カリスマあふれる顔のモデルとして完璧なキーと、体つきまで備えたトップモデル、チャスンウォンに芸能界のラブコールが殺到したのは当然の事だった。トップスターになった今も、チャスンウォンは、多くの場合、ファッションショーの舞台に立つ。先日行われた2012春夏ソウルファッションウィーク"のフィナーレを飾っ​​たソンジオコレクションにも立った。舞台に立つ彼はまだ新人モデルのように真剣だった。デザイナーのソンの"彼の中から20余年が過ぎたが、変わりはない。彼は服に合わせて体​​を作る。真のプロだ"と賛辞を送った。コレクションが終了したようなカフェで、チャスンウォンをもう一度見た。

- どの位のみではランウェイだったのか。

多くの方々は、TVとスクリーンを使って私に接してみると、モデルの仕事をしていないものといたよ。しかし、1991年SFAA(ソウルファッションアーティスト協議会)のコレクションから今まで毎年のランウェイに立っている。

- ただでさえ忙しいはずなのに、あえてランウェイに立つのは。

モデルは、今の私のような職業だ。今は俳優としてより知られているが、心は、モデルの仕事を始めた時と変わりがない。ロンウェイエソヌン俳優という後光なしでモデルとして評価されたい。

- ランウェイに立つための準備と立ったときに覚悟は。

一週間前から体に気を使う。いつものように着実に運動して食事を節制して体の管理に焦点を合わせる。ロンウェイヌン観客だけではなく、服を買おうとする世界各国のバイヤーたちが見守る。服が映えますであることが必要であるので、モデルとして、余計なパフォーマンスはしないようにする。インタビューをしないのも、舞台に集中するためだ。服がよく表現されるように頑張るだけだ。

- チャスンウォンにファッションとは。

いつも近くですが難しいのだ。ここでは、私がファッションにヘバクハルだと考えられるが、いつも難しい。気になるのがファッションだ。ある時は面倒に感じられるが私とは切ってもできない。また、20年の間、私を食べさせて生かしてくれた大事なものがたり。

- チャスンウォンにスタイルとは。

彫刻のようなのだ。まるで四角い石ジョガクネ作品を作るように自分自身を絶えず彫っていくようなものです。外面はもちろん内面的なものもブラッシュアップしなければならない。そのようなプロセスを介して自分自身をしっかりと作り出すのだ。

- これからもランウェイに引き続きに立つ計画なのか。

今後5年程度経過するとランウェイに立つのが難しいようだ。欲同じにする機会ができ次第、立ちけれど、どうしてもモデルには、何よりも体が重要​​である。服をよく表現できるのが20~30代のボディである。着実に解決して、今まで舞台に立ったが、後輩たちのために譲歩しなければならないようだ。周辺でいくら誘っても自分で退かなければならない時が来ると思う。

- 多くの後輩のモデルたちのロールモデルだ。アドバイスをするならば。

演技でもモデルの仕事も熱心にするが。消極的にしてほしい。熱心にすれば萎縮する必要もない。また、どのような仕事にオールインしても、前だけを見るのではなく、周辺を一緒に見て広い視野を持ったら良いだろう。

- モデルとして必ず備えなければならない資質は。

ファッションは時間と場所. 周辺環境と交わらなければならない。 そのような感覚を持とうとするなら外形的条件や考え方など自らをよく分からなければならない。 そして服をたくさん着てみることが重要だ。 個人的に色々な色の衣装でも派手な衣装は薦めたくない。 かえって自信がないように見えるようにさせることができるためだ。

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくお願いいたします^^コメントもどうぞお気軽に!

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://joy333fuyumi.blog114.fc2.com/tb.php/178-89c02711

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。